地域情報

弥生土器でひな壇 一支国博物館

ひな人形(弥生時代の土器で作られたひな人形) 一支国博物館の1階エントランホールユニークなひな壇が飾られ、来館者の目を楽しませている。
常設展示室入口に飾られた3段10体のひな人形とぼんぼりなどのひな飾りは、いずれ原の辻遺跡から出土した本物の弥生時代の土器に、博物館の女性職員が和紙やフェルト生地で着物を着せた。同博物館ならではひな祭りになっている。
人形はいずれも弥生時代後期の土器で、内裏は長頚壺、雛は甕(かめ)、三人官女は直口壺、脚付甕、壺、五人囃子は土製支脚、甕、壺を、ぼんぼりは器台、鉢などを使用。発掘調査や遺物の実測に使う道具なども装飾に使われている。
展示は3月15日まで。エントランスホールの入場は無料。

関連記事

  1. 渡良Aが16年ぶり優勝 好記録続出の小学生駅伝
  2. 集団接種シミュレーション。1時間30人、1日150人を想定。新型…
  3. 最大瞬間風速34.5メートル 台風14号が通過
  4. 上野投手との対決は!? 国体ソフトは長崎‐群馬
  5. 直木賞作家が壱岐を書く。「熱源」川越宗一さんが来島。
  6. 勝本小近くで道路陥没。芦辺で観測史上最大降水量。
  7. 山本氏が無投票で再選 県議会議員選挙壱岐市選挙区
  8. タクシー10%割引 運転免許返納高齢者

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP