地域情報

ハヤブサも発見 イキハク野鳥観察会

野鳥(20人が参加した野鳥観察会)一支国博物館主催の第2回イキハク野鳥観察会がこのほど行われ、小学生ら20人が参加した。
壱岐野鳥の会・永村春義会長、大川典子さんが説明をしながら、博物館裏の遊歩道から川沿いや、深江田原の圃場脇を通って王都復元公園までのルートを、散策しながら双眼鏡などを使って野鳥観察を行った。
児童は配布された「秋の野鳥ミニ図鑑」を調べて「あれは絶対にハヤブサだよ」「ミサゴじゃないかな」などと勉強。永村会長の「ミサゴは英語でオスプレイ。ホバリングができるので、米軍機にその名が付けられた。上空からため池のコイを狙って捕獲している」などの説明を興味深そうに聞きながら、観察を楽しんだ。
約2時間の観察で、通年や秋に観られるダイサギ、タヒバリ、カワラヒワや、めったに観ることができないタゲリ、ハヤブサも観察された。

関連記事

  1. 旧石器時代の遺物発掘 原の辻遺跡南側
  2. 層厚い陸上大国・壱岐。市中体連陸上・相撲競技大会
  3. Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。
  4. インドIT企業2社が本市進出。山本県議が橋渡し役。
  5. 竹下紘夢が県中学新記録樹立。県記録会男子四百㍍で49秒54。
  6. 第2次市総合計画 10月末までに策定
  7. 串山海岸で開催 辰ノ島フェスタ
  8. 灼熱のビーチフラッグ 夏☆夢☆祭

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP