地域情報

人口減や施策を説明。黒﨑局長が中学校で講話。

壱岐振興局の黒﨑勇局長は、本市への若者定着促進を目的に、市内の中学校3年生を対象に壱岐の現状や将来の方向性、市内で活躍している農漁業者を紹介する講話を行っている。中学生向けの講話は本年度が初めて。
1日は芦辺中学校(末永憲之校長、179人)で3年生61人に対して行い、本市の人口が昭和60年の約4万人から平成27年の約2万7千人に減っている現状や有人国境離島法による運賃、輸送コスト支援など離島活性化策を説明した。

関連記事

  1. 65の体験メニューを再構築 料金・時間・内容を見直し 壱岐島ごっ…
  2. 児童・園児125人出場。霞翠わんぱくすもう大会
  3. 「あまごころ壱場」3月18日オープン 島内初の観光客向け産直施設…
  4. 壱岐高生徒グループが優秀賞。全国高校生歴史フォーラム。
  5. 作品エピソードなど紹介。「長岡秀星展2」関連行事。
  6. 市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応
  7. 市長リコール署名必要数届かず。『署名数は6603筆』。市民団体 …
  8. 七蔵めぐりに200人 肴は郷土料理

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP