友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20229/5

クロサワ映画で日本に興味 国際交流員、クラークさんに辞令

市は8月29日、アメリカ・ヴァージニア州出身のダドリー・メアリー・キャサリン・クラークさん(22)にCIR(国際交流員)の辞令を交付した。任期は1年更新で最長5年。

国際交流員の招致は、総務省や外務省などが協力して語学指導を行う外国青年招致事業(JETプログラム)として行われ、本市ではウエスト・トレバーさん(昨年7月退任)に続いて3人目。企画振興部観光課に所属し、市民の外国語教育の充実や国際交流の推進のほか、外国人の要人に対する通訳なども行う。

クラークさんは高校生の時、黒澤明監督の映画を観て日本に興味を持ち、進学先のヴァージニア大学では、日本語日本文学科で日本語を学んだ。歴史が好きで、特に古事記に興味があるという。

市役所であった辞令交付式で白川博一市長は「多くの自治体がある中で壱岐を選んでいただきありがとうございます。子どもからお年寄りまで文化交流の輪を広げていただきたい」と歓迎した。

本市の外国人観光客は2012年までは百人以下で推移してきたが、14年に市がインバウンド元年を宣言したほか、17年からは国際交流員を招致し誘客に力を入れた結果、19年には1870人にまで増えた。しかし、新型コロナの影響で20年は178人と10分の1まで減っていることから、「また新たにインバウンドを増やそうと意気込んでいる、よろしくお願いします」と期待を述べた。

クラークさんは「壱岐のことをもっと知りたい。壱岐の皆さんにアメリカの歴史や料理を教えたい。外国暮らしは不安もあるけど、皆優しいので大丈夫だと思う。小嶋神社に行きたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

20229/19

市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる

台風11号の強風で、郷ノ浦町平人触の市指定天然記念物「山川家のエノキ」が折れているのが見つかった。 所有者の男性が、6日朝に家周辺を見回っ…

20229/19

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。 朝市商店街の活性…

20229/12

庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説

一支国博物館の壱岐学講座が4日にあり、同館の河合恭典副館長が国津神社(郷ノ浦町渡良浦)で見つかった「かわらけ」(土師器)について話した。 …

ページ上部へ戻る