文化・芸術

壱岐の魅力 新たな視点で 応募作品を展示「島の写真展」

郷ノ浦観光案内所2階で開催中の「島の写真展」で、市民や観光客が撮影した写真が展示されている。

写真展は市地域おこし協力隊の髙田望、田口有香両隊員が壱岐の島の魅力を知ってもらおうと企画。これまで自身らで撮影した写真を展示してきた。今回はインスタキャンペーンと題して、SNSのインスタグラムを通じて、風景などの写真を募集していた。

130点以上の応募があり、審査で選ばれた小島神社やホタル、「太郎礫・次郎礫」などを写した14点を展示している。観覧無料で8月末まで展示している。

審査した写真家の髙田さんは「今までの壱岐観光にないイメージの写真を選びました。とてもレベルが高く、出会ったことのない瞬間、こんな見方があるのだと気づかされました」と話した。秋頃には第2弾のインスタキャンペーンも企画される予定。

関連記事

  1. 写真で石文化を紹介 壱岐巡りの会 山内会長
  2. 守時タツミピアノコンサート 30日 一支国博物館で開催
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など14曲披露
  4. 山口幹雄賞に植村德治さん 第65回市美術展覧会表彰式
  5. クロサワ映画で日本に興味 国際交流員、クラークさんに辞令
  6. 中島潔絵画展が開幕 一支国博物館特別企画展
  7. 約7時間の奉納 壱岐大大神楽奉納
  8. 家族の歴史たどり自費出版 「両親の思い記録に」 勝本浦の松尾さ…

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP