文化・芸術

壱岐の魅力 新たな視点で 応募作品を展示「島の写真展」

郷ノ浦観光案内所2階で開催中の「島の写真展」で、市民や観光客が撮影した写真が展示されている。

写真展は市地域おこし協力隊の髙田望、田口有香両隊員が壱岐の島の魅力を知ってもらおうと企画。これまで自身らで撮影した写真を展示してきた。今回はインスタキャンペーンと題して、SNSのインスタグラムを通じて、風景などの写真を募集していた。

130点以上の応募があり、審査で選ばれた小島神社やホタル、「太郎礫・次郎礫」などを写した14点を展示している。観覧無料で8月末まで展示している。

審査した写真家の髙田さんは「今までの壱岐観光にないイメージの写真を選びました。とてもレベルが高く、出会ったことのない瞬間、こんな見方があるのだと気づかされました」と話した。秋頃には第2弾のインスタキャンペーンも企画される予定。

関連記事

  1. ゲストハウスに巨大壁画 仁太郎さんが2か月かけ制作
  2. 特別賞に93歳加藤博子さん しまごと芸術祭絵画写真展
  3. しゃぼん玉ショーに歓声 一支国博物館でGWイベント
  4. 離島留学生ら7人 入市式で歓迎受ける
  5. 大輪に歓声、出店も復活 壱岐の島夜空の祭典
  6. 郷ノ浦・法輪寺で消防訓練 本堂から文化財を運び出す
  7. 新作1点を追加 一支国博物館「ボクネン展」
  8. 守時タツミピアノコンサート 30日 一支国博物館で開催

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP