友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20224/18

7984匹捕獲 イスズミハンター

市磯焼け対策協議会が実施しているイスズミ捕獲員(イスズミハンター)による捕獲で、昨年度は7984匹の捕獲に成功したことがわかった。そのほかの事業でも2634匹捕獲され、合わせると捕獲数は1万618匹に上った。ハンターによる捕獲は、前年度の2026匹に比べ約4倍に増えている。

同協議会は、海水温の上昇や魚などによる食害で海中の藻場が減る「磯焼け」を防ぐ目的で、令和2年度に市、壱岐振興局、5漁協で発足。漁業者にイスズミ捕獲員を募集し、昨年度は67人の捕獲員で取り組んでいた。

捕獲は消波ブロック周辺などに刺し網を設置する方法で行われ、中には5㌔に及ぶ大型もいた。イスズミのほか、同じく海藻を食べるアイゴも9641㌔捕獲したという。

市は令和元年度から定置網などにかかったイスズミを1匹150~200円で買い取り、初年度は5194匹、2年目は1643匹を捕獲。一昨年度から始まったイスズミハンターによる捕獲を加えると3年間で1万9481匹を駆除したことになる。

イスズミは1日あたり体重の約5%の海藻を食べるとされ、3㌔の個体が低水温期を除く年間300日海藻を食べたとすると、3年間の捕獲により約870㌧の海藻を食害から守ったことになる。昨年夏には、郷ノ浦町の三島周辺海域と嫦娥島からツインズビーチまでの海岸一帯で、ホンダワラ類の海藻「ヨレモク」が繁茂しているのが見つかり、アオリイカが産卵するなど、藻場回復の一定の成果が見られている。

同課は「藻場に一定の効果が出ている。緩めずに続けていき、食圧(魚による食害)を下げることで藻場回復に繋げていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る