友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

202112/20

文科大臣賞に横山さん(郷中3年) JA全中 作文・図画コンクール

JA全中は6日、第46回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールの審査結果を発表。郷ノ浦中学校3年、横山力蔵さん(14)の作文「一粒一粒に心を込めて」が文部科学大臣賞を受賞した。総理大臣賞に次ぐもので、小学低・高学年、中学生の3部門から各1人が選ばれる。横山さんは「驚きました。うれしいです」と喜びを語った。授賞式は来年1月8日、東京都千代田区のJA共済ビルで開かれる。

JAグループが推進する「みんなのよい食プロジェクト」の一環。今年は作文の部に全国から3万6474点の応募があった。横山さんは夏休みに作文を執筆。県審査で入選し、全国審査へ進んでいた。

父の太三さん(48)は日本酒蔵杜氏を務め、力蔵さんは小学生の頃から瓶にラベルを貼るなどの作業を手伝ってきた。力蔵さんは酒蔵やその仕込みに使う米の稲刈りを手伝った経験を通して、蔵人や農家の苦労と感謝の気持ちを綴った。

米の大切さを意識し始めたのは中学1年の時。室温が35℃ほどに保たれた「室(むろ)」で、蒸しあがった米をほぐす作業を手伝った時、米一粒一粒を大事に扱う蔵人の姿が印象に残り、いつか作文を書く機会があれば、このエピソードを書こうと決めていたという。

酒造りが最盛期となる秋から春にかけて、朝早くから夜遅くまで働く父を見て「感謝の気持ちがある」という力蔵さん。将来は後を継いで酒造りへの道も視野に入れている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/24

海軍省作成の図録見つかる 「わがいくさぶね」 牧山耕蔵氏贈る 軍縮に不満示す史料か

勝本町勝本浦の殿川酒店(元殿川酒造)に、同町出身の衆院議員、牧山耕蔵氏(1882‐1961年)が寄贈したと見られる旧海軍省が海軍記念日用に作…

20221/24

複業アドバイザー5人が就任 DX、ワーケーション等に助言

市は11日、連携協定を結ぶIT企業のアナザーワークス社が展開する複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」に応募のあった実証実験アドバイ…

20221/24

九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん

第5回全九州高等学校総合文化祭書道部門(揮毫大会)が12月11日、長崎市の県立総合体育館であり、壱岐高校書道部部長の2年、山内樹人さんが出場…

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

ページ上部へ戻る