友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20216/7

プレミアム商品券再度発行へ。6月会議上程議案を発表。

市は5月31日、市議会定例会6月会議(6月7日開会予定)に上程予定の総額2億7770万円の一般会計補正予算案など7議案と報告6件を発表した。

一般会計補正予算案には、新型コロナウイルス感染症対応事業として、1セットあたり6千円の商品券を5千円で販売するプレミアム付き商品券(5万セット、プレミアム率20%)の事業費6382万2千円、漁業者が使う漁業用燃料に対して1㍑あたり10円を補助する事業費4500万円、新型コロナウイルスワクチン接種予約のコールセンター設置業務委託を当初はオペレーター2人体制の予定だったが5・6月は4人、7月からは5人体制で来年3月まで継続させるために約1333万円の補正などを盛り込んだ。いずれも財源は国庫支出金の新型コロナウイルス感染症地方創生臨時交付金を100%充当する。

また、10月以降、本庁に一本化する予定だった庁舎の夜間警備業務については、防犯対策等が十分でないことや、市民に一番身近な公共施設を無人化するには、十分な説明と周知期間が必要と判断し、本庁舎以外の3庁舎の10月以降の夜間警備業務費426万3千円を盛り込んだ。

そのほか、新規事業として洋上風力発電の導入可能性についての調査検討を行うエコアイランド推進事業(環境省所管の補助事業3432万円)を盛り込んだ。

一方、木質バイオマス資源の持続的活用による再生可能エネルギー発電設備を導入するエコアイランド推進事業は、資源の持続的な調達の見通しが立たず、将来的な財政負担額が課題となる可能性があることから、補助金約770万円を返還する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る