友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20215/31

住民の魅力を取材。「壱州人辞典」協力隊が企画。

地域おこし協力隊のメンバーが壱岐在住者を取材し、その人の魅力を紹介する「壱州人辞典」を製作している。取材した内容は、壱岐UIターンポータルサイト「いきしまぐらし」やフェイスブックなどで順次公開されている。

同協力隊の藤木彩乃さん(30)=福岡県出身=が発案。「美味しい料理やきれいな景色はどの地域にもあり、地域差を出すために壱岐に住む人の魅力を伝えたい」と、ほかの隊員4人に声をかけて始めた。

協力隊でメディアプランナーを担当する髙田望さん(30)がカメラマンを担当し、ほかの4人が分担してインタビューを実施。経歴や日々の暮らしなどを取材し、記事にまとめている。

20日は藤木さんと髙田さんが郷ノ浦町の夫婦を訪れ、約1時間かけて取材。藤木さんが経歴や壱岐の好きなスポットなどについて談笑を交えながら、その人の人物像に迫り、高田さんは会話中の自然な表情をカメラに収めた。

この企画について、藤木さんは「壱岐にはおもしろい人がいっぱいいると思って貰えれば。この企画を通して取材を受ける方も読む方も、私たち自身も『自分にとっての壱岐』をより知るきっかけになればと思う。壱岐の人は壱岐愛に溢れていますね」と話した。

取材を受けた人が次の人を紹介するリレー形式で進められ、20日現在、すでに自営業者やゲストハウスのスタッフら6人を紹介。来年3月までに100人の取材が目標で、最終的に1冊の冊子にまとめる予定。
※「いきしまぐらし」https://ikishimagurashi.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る