友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

202011/16

壱岐焼酎飲み比べも。森の図書室壱岐島店オープン。

郷ノ浦町東触に10月31日、飲食しながら本が読める「森の図書室壱岐島店」がオープンした。

建物は木造2階建て。室内は木材を基調にした空間が広がり、1階のカフェスペース(50平方㍍)には約1万冊の小説や雑誌、漫画などが並ぶ。1階にはそのほか、カウンターを備えたキッチンやドリンクバーのスペースがある。2階には1~3人で利用できる個室もある。

オーナーは、東京・渋谷で2014年に「森の図書室」を開いた森俊介さん(36)。壱岐に移住して3年半が経った。壱岐島店への思いは、移住前に訪れた4年前に感じたことがきっかけだった。夕方の船に乗る予定だったが、昼食の後、2~3時間過ごせたり、雨の日に観光客が行く場所があればと感じたという。

多い時には4か月で220冊を読んだこともある本が好きな森さん。「壱岐には書店が2店で、図書館には本が少ない。もっと本との接点をつくりたいと思いました」と話す。家でも職場でもない一人で過ごせる第3の場所「サードプレイス」を提供したい思いもあった。

設立にあたり、クラウドファンディングにも取り組んだが、180人から目標額200万円を超える271万円が集まった。森さんによると、島民の賛同者も多かったという。また、「壱岐は麦焼酎発祥の地だが、種類が多くて、どれがおすすめかわからなかった。飲み比べるところがあれば」とも思い、ソフトドリンクのほか、壱岐焼酎も提供。飲み比べができる。現在は約20銘柄ほどだが、いずれはほぼ全ての銘柄を揃える予定だ。

営業時間は午前11時~午後11時。料金は▽本読み放題・ソフトドリンク飲み放題・フリーWi-Fi…3時間1200円(税別)▽本読み放題・焼酎、ハイボール飲み放題・フリーWi-Fi…2時間2200円(税別)で、島民カード提示、ライン登録で各100円引きとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20215/3

長岡秀星展Ⅱがスタート。壱岐育ちの世界的イラストレーター。

一支国博物館の第54回特別企画展「長岡秀星Ⅱ」が23日に同館1階テーマ展示室で始まった。同館での長岡秀星の作品展は2016年11月の「追悼展…

20215/3

5月末発売へ最終調整。壱岐の蔵酒造のクラフトジン。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は20日、温泉旅館壱岐リトリート海里村上(大田誠一総支配人)と共同開発しているクラフトジンの商品化に向け…

20215/3

JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。

JA壱岐市は初めてのオリジナルブランド商品「壱岐牛シリーズ」7商品を5月から販売する。 名門料理学校ル・コルドン・ブルー・パリで学び、…

20214/26

紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。

郷ノ浦町の弁天崎公園内のフジが見頃を迎え、公園をウォーキングする市民が足を止めて見入っている。公園中ほどに設けられたフジ棚から紫色の花を無数…

ページ上部へ戻る