友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

202010/5

初のパブリックビューイング。V長崎がホームタウン活動。

V・ファーレン長崎ホームタウン推進課は9月23日、芦辺・イオン壱岐店横芝生広場で「パブリックビューイング&ホームタウン活動in壱岐」を開き、壱岐少年サッカークラブの選手ら約200人が参加した。

午後4時半から元長崎MFで昨年2月に現役引退、同チームの普及インストラクターに就任した前田悠佑さん(35)が低学年(幼児~3年生)、高学年(4~6年生)の2クラスに分けてサッカークリニックを開講。ボールを使ったゲームを取り入れながら、サッカーの楽しさを子どもたちに教えた。

午後6時からは長崎のマスコットキャラクター・ヴィヴィくんと、壱岐市のキャラクター・人面石くんがPK対決。さすがにボール扱いに慣れているヴィヴィくんが圧勝したが、人面石くんがキックの瞬間にバランスを崩してスローモーションで倒れるシーンに、子どもたちは爆笑した。

午後7時からはアウェーで開催されているV・ファーレン長崎対FC町田ゼルビア戦の実況生中継を、大型スクリーンに映し出して本市で初の屋外パブリックビューイングを開催。映像機器のトラブルで前半一部の中継ができなかったが、熱心に残ったサポーターが応援を続けた。試合は1‐1のドローで長崎はJ2・3位を死守した。

翌24日も前田インストラクターが瀬戸小学校5年生の教室で「夢授業」を行うなど、チームと市民を結びつけるホームタウン活動を行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20215/3

長岡秀星展Ⅱがスタート。壱岐育ちの世界的イラストレーター。

一支国博物館の第54回特別企画展「長岡秀星Ⅱ」が23日に同館1階テーマ展示室で始まった。同館での長岡秀星の作品展は2016年11月の「追悼展…

20215/3

5月末発売へ最終調整。壱岐の蔵酒造のクラフトジン。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は20日、温泉旅館壱岐リトリート海里村上(大田誠一総支配人)と共同開発しているクラフトジンの商品化に向け…

20215/3

JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。

JA壱岐市は初めてのオリジナルブランド商品「壱岐牛シリーズ」7商品を5月から販売する。 名門料理学校ル・コルドン・ブルー・パリで学び、…

20214/26

紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。

郷ノ浦町の弁天崎公園内のフジが見頃を迎え、公園をウォーキングする市民が足を止めて見入っている。公園中ほどに設けられたフジ棚から紫色の花を無数…

ページ上部へ戻る