友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20203/13

スポーツ全国大会出場称える。1団体と7人に市長特別表彰。

市は2月28日、市表彰条例の規定に基づき、2019年に芸術、文化、技能、スポーツの分野で功績のあった7人と1団体に対して、市長特別表彰を行った。

いずれもスポーツ部門で、全国大会出場が表彰対象となった。これまでは児童・生徒が対象だったが、今回はねんりんピック全国大会(第32回全国健康福祉祭和歌山大会)に出場したシニアの2人、松山サチ子さんと篠原美智子さんも選考された。

白川博一市長は「ねんりんピックでの2人の活躍は、生涯活躍のまちを目指す本市に光明が差すものとなった。日々、健康的な生活を送られているからこそで、その努力に頭が下がる。私たちプラチナ世代の励みになるし、若い世代の目標になっている」と活躍を称えた。

第7回全国高等学校陸上競技選抜大会六百㍍で優勝した松下翔紀さん(壱岐商3年)は「卒業後は九州共立大に進学し、八百㍍専門のコーチの下で全日本インカレ出場を目指す。この受賞は、これから先の競技人生も壱岐を背負っていくという自覚につながる」と話した。

女子千五百㍍でジュニアオリンピックに出場した田中咲蘭さん(芦辺中3年)は卒業後、島外の高校進学を予定している。「高校では都大路の高校女子駅伝やインターハイ出場を目指したい。中学ではけがなどもあってきついことが多かったが、先生・コーチ、先輩、ライバルなど多くの人たちの支えで受賞することができた。この財産は高校に行っても必ず活かされると思っている」と受賞を喜んだ。

【受賞者】
▽盈科少年軟式野球クラブ=第24回高野山旗全国学童軟式野球大会出場
▽福原悠吾(志原小5年)=第35回全国小学生陸上競技交流大会5年男子百㍍4位
▽長岡美桜(盈科小6年)=第35回全国小学生陸上競技交流大会女子コンバインドB出場
▽竹下紘夢(郷ノ浦中2年)=第46回全日本中学校陸上競技選手権大会男子四百㍍出場
▽田中咲蘭(芦辺中3年)=第50回ジュニアオリンピック陸上競技大会女子千五百㍍出場
▽松下翔紀(壱岐商3年)=第7回全国高等学校陸上競技選抜大会男子六百㍍優勝
▽松山サチ子=第32回全国健康福祉祭和歌山大会女子マラソン5㌔出場
▽篠原美智子=第32回全国健康福祉祭和歌山大会女子卓球出場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る