友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201912/6

33年ぶり鯨組「羽刺唄」披露。壱岐商業高校創立70周年式典

壱岐商業高校(長池純寛校長、238人)の創立70周年記念式典が11月23日、勝本町の西部開発総合センターで開かれた。同校の卒業生は1949年創立で、卒業生は9875人。

長池校長は式辞で同校創立からの経緯や、今年度全国高校選抜陸上競技600㍍での松下翔紀さんの全国優勝、2013年しおかぜ総文祭での情報メディア部の最優秀賞受賞など生徒の実績を紹介し「今後も地域に信頼される学校づくりをしていく」などと挨拶した。生徒代表の大久保凜さん(3年)は「70周年を大きな分岐点とし、さらに進化を重ねて次世代へバトンタッチする。これから社会に出て、壱岐商業高校卒業生として恥ずかしくないように、令和時代の日本を支えていく1人になることを誓う」と宣言した。

アトラクションでは壱州荒海太鼓部の16人(引退した3年生2人を含む)が勝本鯨組の「羽刺唄」を33年ぶりに復活させて披露した。羽刺唄は、この日の特別講演「未来に生きる君たちに~変化への対応~」を行った同校卒業生で元文科省初等中等教育局視学官の吉野弘一さんが、1986年の壱岐ロータリークラブ10周年記念行事のアトラクションで聴き、「この素晴らしい唄を残していくべき」と、歌い手の老人の自宅を訪れて録音し、文科省の音楽教科調査官に譜面化してもらい、伝承した曲だった。

壱州荒海太鼓部の岩﨑まりなキャプテンは「男子の唄に太鼓を合わせるのが難しくて不安だったが、大きな拍手をもらえて良かった。吉野先生が残してくれた音源をCDで聴きながら、2か月間練習してきた。人数が揃わないと演奏が難しいが、できれば今後もイベントなどで披露していきたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る