地域情報

ドローン資格取得に挑戦 昨夏合宿の長崎総科大付属高

長崎総合科学大学付属高校(松本浩校長)のエンジニアコースの1年生7人と教員1人が5~7日に本市を訪れ、国土交通省認定のドローンスクール「マリンフライト」(田山久倫代表)で資格取得を目指した。
同校のドローン合宿は、壱岐郷ノ浦ツーリズム協議会と市が一昨年に誘致。これまで科学技術部やエンジニアコースの生徒が来島し、旧芦辺中学校のグラウンドや体育館を活用してドローン操縦の基本を学んできた。
今回は、昨年夏に訪れた生徒のうち、さらに民間資格「ドローン操縦士」の取得を目指す生徒が参加。学科と実技試験に臨み、見事全員が合格した。民間資格を取得すると国家資格を取得する際に試験や費用で優遇措置があるという。
生徒の一人、川勝泰一さんは「祖母から資格は何でも取っておいた方がいいと言われた。(ドローンで)地元の式見町のペーロンを撮影したい」と話した。

関連記事

  1. 611㌔おいきの旅がゴール。朝来市から20人が弥兵衛墓参。
  2. 「30歳の成人式in壱岐の島」 壱岐の現状をディスカッション
  3. 65の体験メニューを再構築 料金・時間・内容を見直し 壱岐島ごっ…
  4. 壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。
  5. 大阪で壱岐をPR。プレミアムマルシェ
  6. 池渕寛太さんが全国銀賞。ルーヴル美術館に展示。
  7. 文化ホールが「壱岐の島ホール」に 壱岐の蔵酒造が命名権契約
  8. 壱岐ゆかりの芸術家たち展 19日まで一支国博物館で開催 

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP