友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

国内初、3遺跡が集結 国特別史跡弥生集落3大遺跡展 一支国博物館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一支国博物館の第9回特別企画展「国特別史跡弥生集落3大遺跡展」が20日に始まった。6月24日まで。

同展では弥生集落で国の特別史跡に指定されている登呂、吉野ヶ里、原の辻の3遺跡の出土品42点を展示。この3遺跡の出土品が一同に会して展示されるのは国内初で、展示品はレプリカではなく全て本物だという。 登呂遺跡の農耕具などの資料は九州で初公開、吉野ヶ里遺跡の資料は墳丘墓という王の墓から出土したものを、原の辻遺跡は中国から日本への交流をテーマに、他の地域では見られない資料を厳選している。同博物館は教科書などで知名度の高い登呂遺跡や吉野ヶ里遺跡と同レベルの「国特別史跡」に位置づけられている原の辻遺跡の価値を伝え、それぞれが持つ特徴を明確に打ち出し、弥生集落遺跡の存在を広く伝えたいという。同博物館学芸員、松見裕二さん(36)は「重要文化財を本土から離島に持ってきて、積極的に企画展をしている博物館は日本でも珍しい。島民の皆さんをはじめ、来館者に公開することで、より多くの人に文化財の価値や歴史を知ってもらいたい」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20227/4

賛成多数で可決 認定こども園補助金

市議会定例会6月会議は6月23日に最終本会議を開き、総額約4億円の本年度一般会計補正予算案など議案3件を可決し散会した。 郷ノ浦町柳田地区…

20227/4

障害ある人にもサービス提供へ 4日から壱岐イルカパーク&リゾート

壱岐イルカパーク&リゾートを運営するイキ・パーク・マネジメント(高田佳岳代表取締役)は4日から、これまで提供してきたイルカとのふれあい体験を…

20226/27

ウクライナ支援金を寄付 九電、九電工両労組

九州電力労働組合福岡支部壱岐分会と九電工労働組合壱岐分会は14日、ウクライナ避難民への人道支援金10万5千円を、避難を支援している石田町在住…

20226/27

県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席

7月1日告示、10日投開票の長崎県議選壱岐選挙区補選(定数1)の立候補予定者説明会が17日に市役所郷ノ浦庁舎で行われ、市議の鵜瀬和博さん(5…

ページ上部へ戻る