友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201611/15

育ドル娘が歌・踊り披露 原の辻ガイダンス収穫祭

原の辻一支国王都復元公園「古代米づくり」の秋の収穫祭と原の辻ウォーク2016が5日、原の辻ガイダンスなどで行われた。
復元公園を散策する原の辻ウォークは、3㌔に75人、8・8㌔に44人の計119人が参加。チェックポイントでスタンプを押し、クイズに解答しながら秋の風景を満喫した。
収穫祭は、ガイダンス来館者が7月20日に、平成22年3月の開館以来通算20万人を突破したのを記念して、私立別府大学短期大学部食物栄養科の生徒で組織するアイドルグループ「育(いく)ドル娘」のメンバー18人がゲスト参加した。
育ドル娘は平成22年結成。現在は28人のメンバーが「歌とダンスで食育を」をキャッチフレーズに、食中毒予防、食事マナーの指導、一汁三菜の推奨、食生活改善などを保育園や地域の行事で呼び掛ける活動を、年間40回程度行っている。収穫祭のステージでもオリジナル曲の「一汁三菜」「手洗いマンボ」など4曲をダンスとともに披露。来場した子どもたちと一緒に踊った。
ブースでは、この日、壱岐に来てから原の辻の古代米を使って手作りした「緑米と大分シイタケ粉末のおこわ」「黒米のおはぎ」「赤米のおこし」を振る舞ったり、手作りカレンダーや大分シイタケのプレゼントも行った。
リーダーの中村亜美(つぐみ)さん(2年)は「子どもたちが一緒に踊ってくれて、とても楽しかった。子どもたちにもバランスの良い食事の大切さや食中毒の怖さを知ってもらえたら嬉しい。古代米は初めて調理したが、思っていた以上においしかった」と新しい食材との出会いも楽しんだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る