友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20166/21

子牛平均価格82万3千円 11市場連続の歴代最高更新

JA壱岐市の定例6月子牛市が1、2日の2日間、芦辺町の家畜市場で開催され、平均価格は82万3040円を記録。歴代最高だった前回の4月市場から2・5%、約2万円上昇した。平均価格は平成26年10月市場から11市場連続で歴代最高価格を更新し続けており、この3年間で30万円以上も高騰したことになる。
入場頭数は704頭で前回より40頭少なく、取引頭数は703頭。販売総額は約5億7860万円で、前回より約1600万円の減少。去勢の平均は87万7834円、牝の平均は75万7458円。最高価格牛は歴代最高の138万4560円(税抜128万2千円)だった。
JA壱岐市・川﨑裕司組合長は「全国的には高値がやや頭打ちになっていたので心配もあったが、壱岐はまだ大丈夫だった。牛の出来の良さが価格を支えてくれた。入場頭数も何とか700頭台を保つことができた。この価格をベースに、7千頭達成へ向けた増頭対策に取り組んでいきたい」と話した。
平戸口、宮崎中央、熊本などの各市場でも平均価格は81~83万円台で落ち着きを見せつつあり、壱岐家畜市場の和牛バブルも次回の8月市場から安定していきそうだ。
また3日に行われた成牛市は169頭が入場し、全頭取引成立。販売総額1億2311万7840円、平均価格72万8508円とも、前回市場を大幅に上回った。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る