© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応

市民病院(常勤外科医の不在を謝罪した白川市長) 18日に開かれた市議会定例会4月会議の冒頭で白川博一市長が、壱岐市民病院の外科常勤医が4月当初から不在となっている事態について「市民の皆様に不安、心配を掛けていることをお詫びする」と謝罪した。
同病院の外科は、3月末で松村照男副院長が定年退職し、4月から常勤医は神田聡医師1人体制になるため、向原茂明総病院長の尽力で、九州大学病院第2外科から非常勤医師の派遣を受けて、当面は乗り切ることになっていた。
「9年ぶりに九州大学病院第2外科からの医師派遣が再開されることは喜ばしいこと」と白川市長は話し、「非常勤医師は早晩、常勤体制になるものと考えている」と今秋か来春からは常勤医師2人体制が整うと考えていた。
ところが神田医師が都合により3月末で突然退職することになり、外科常勤医が不在。非常勤医師1人での対応を余儀なくされて、島内での外科手術を行うことができない状況となっていた。
白川市長は診療体制について、▼月・水・木の外来は非常勤外科医▼火・金は基本的に内科新患担当医▼救急対応は水・木・土・日を非常勤外科医▼その他の曜日は救急担当医、当直医▼緊急手術など専門的対応が必要と判断された場合は、基本的には福岡、大村への緊急搬送▼天候などによりヘリ搬送できない場合は、壱岐医師会の協力で島内外科医の診療要請、などで対応するとした。
左野健治病院部長は「しばらくの間、市民には迷惑をかけることになるが、可能な限り支障が出ない診療体制を整えている。総病院長をはじめ内科のスタッフも、十分に外科外来に対応できるので、安心してもらいたい。常勤外科医2人体制を早急に整えられるように努力していく」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る