友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応

市民病院(常勤外科医の不在を謝罪した白川市長) 18日に開かれた市議会定例会4月会議の冒頭で白川博一市長が、壱岐市民病院の外科常勤医が4月当初から不在となっている事態について「市民の皆様に不安、心配を掛けていることをお詫びする」と謝罪した。
同病院の外科は、3月末で松村照男副院長が定年退職し、4月から常勤医は神田聡医師1人体制になるため、向原茂明総病院長の尽力で、九州大学病院第2外科から非常勤医師の派遣を受けて、当面は乗り切ることになっていた。
「9年ぶりに九州大学病院第2外科からの医師派遣が再開されることは喜ばしいこと」と白川市長は話し、「非常勤医師は早晩、常勤体制になるものと考えている」と今秋か来春からは常勤医師2人体制が整うと考えていた。
ところが神田医師が都合により3月末で突然退職することになり、外科常勤医が不在。非常勤医師1人での対応を余儀なくされて、島内での外科手術を行うことができない状況となっていた。
白川市長は診療体制について、▼月・水・木の外来は非常勤外科医▼火・金は基本的に内科新患担当医▼救急対応は水・木・土・日を非常勤外科医▼その他の曜日は救急担当医、当直医▼緊急手術など専門的対応が必要と判断された場合は、基本的には福岡、大村への緊急搬送▼天候などによりヘリ搬送できない場合は、壱岐医師会の協力で島内外科医の診療要請、などで対応するとした。
左野健治病院部長は「しばらくの間、市民には迷惑をかけることになるが、可能な限り支障が出ない診療体制を整えている。総病院長をはじめ内科のスタッフも、十分に外科外来に対応できるので、安心してもらいたい。常勤外科医2人体制を早急に整えられるように努力していく」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20214/5

風舞組が休館前最後の演奏。勝本・西部開発総合センター。

3月末で休館が決まった勝本町の西部開発総合センターのホールで、同所を活動拠点としていた壱州太鼓演奏集団の風舞組(中上良二代表、12人)が3月…

20214/5

椎の木からサクラ。鳥が実を運び成長。

3月下旬から市内各所でサクラが満開を迎えたが、旧沼津中学校近くの民家には、椎の木の先端から生えたサクラがあり、道行く人を楽しませている。 …

20214/5

原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。

県内唯一のクラフトビール醸造所、原田酒造(原田知征代表取締役)の「アイランドブリュワワリー」は3月24日から仕込みを始めた。今後、週1回のペ…

20213/29

成人の誓い新たに。市成人式199人出席。

新型コロナの感染拡大で1月10日から延期となっていた令和3年市成人式が20日、壱岐の島ホールであり、新成人199人(男91人、女108人)が…

ページ上部へ戻る