© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応

市民病院(常勤外科医の不在を謝罪した白川市長) 18日に開かれた市議会定例会4月会議の冒頭で白川博一市長が、壱岐市民病院の外科常勤医が4月当初から不在となっている事態について「市民の皆様に不安、心配を掛けていることをお詫びする」と謝罪した。
同病院の外科は、3月末で松村照男副院長が定年退職し、4月から常勤医は神田聡医師1人体制になるため、向原茂明総病院長の尽力で、九州大学病院第2外科から非常勤医師の派遣を受けて、当面は乗り切ることになっていた。
「9年ぶりに九州大学病院第2外科からの医師派遣が再開されることは喜ばしいこと」と白川市長は話し、「非常勤医師は早晩、常勤体制になるものと考えている」と今秋か来春からは常勤医師2人体制が整うと考えていた。
ところが神田医師が都合により3月末で突然退職することになり、外科常勤医が不在。非常勤医師1人での対応を余儀なくされて、島内での外科手術を行うことができない状況となっていた。
白川市長は診療体制について、▼月・水・木の外来は非常勤外科医▼火・金は基本的に内科新患担当医▼救急対応は水・木・土・日を非常勤外科医▼その他の曜日は救急担当医、当直医▼緊急手術など専門的対応が必要と判断された場合は、基本的には福岡、大村への緊急搬送▼天候などによりヘリ搬送できない場合は、壱岐医師会の協力で島内外科医の診療要請、などで対応するとした。
左野健治病院部長は「しばらくの間、市民には迷惑をかけることになるが、可能な限り支障が出ない診療体制を整えている。総病院長をはじめ内科のスタッフも、十分に外科外来に対応できるので、安心してもらいたい。常勤外科医2人体制を早急に整えられるように努力していく」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20188/10

壱岐定期公演「旅・はるかなる壱岐」。未来座

劇団未来座・壱岐は2日、一支国博物館3階多目的ホールで、第5回定期公演「旅・はるかなる壱岐~小山弥兵衛を救え~」(原作・柴田東一郎、西瀬英一…

20188/10

食育推進に給食の活用を。

7月31日に長崎市内で、長崎県食育推進県民会議が開催された。社会環境や世帯構造が変化し、食に起因する生活習慣病、食や食文化に関する意識の希薄…

20188/10

長島が小型ポンプ県初優勝。芦辺ポンプ車は全国出場逃す。消防操法県大会

第34回長崎県消防操法大会(県、県消防協会主催)が5日、大村市の県消防学校で開催され、小型ポンプの部で本市代表の郷ノ浦地区第7分団2部(長島…

20188/3

初山小が団体戦準優勝。子供自転車県大会

第43回交通安全子供自転車長崎県大会が7月24日、長崎市の県立総合体育館で開かれ、壱岐地区代表として37年連続出場した初山小学校が、団体戦出…

20188/3

人口減少対策に定住促進策を。

県内の首長らが県と意見交換を行って課題解決に臨む「長崎!県市町スクラムミーティング」が7月19日、長崎市内で開かれ、本市からも白川博一市長、…

ページ上部へ戻る