友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20205/4

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭。

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月25日、郷ノ浦町若松触の鏡岳神社氏子、成石範明さんの田圃で献穀田お田植え祭を開いた。耕作長は野口一之さんが務めた。

同支部によるお田植え祭は平成2年から始まり、今年で31回目。例年は早乙女・田男を務める地元児童をはじめ、地域住民、県・市、JAなどの関係者が百人以上集まる催しだが、今年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、出席者は各代表者ら15人程度となった。

神事は例年通りに行われ、神職が1年間の豊作を祈願。注連縄(しめなわ)に囲まれた献穀田で、野口耕作長が古式に則り、つや姫の早苗を手慣れた手つきで植え付けた。

田長の成石さんは「献穀田を任されることは大変に緊張する。ここで栽培するつや姫は農薬による消毒や除草剤の散布をほぼ行っていないので、虫にやられないように見回りをしっかり行い、手をかけて除草を行っていく。幸い、日当たりが良く、雨、風に対しても被害を受けにくい場所にあるので、立派な米を育てていきたい」と意欲を語った。

榊原宮司は「収穫を迎える秋には、このコロナ騒動も収まっていると信じている。収穫祭は盛大に行いたい」と話した。

早苗を植え付ける野口耕作長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/25

濱田さんに文武両道賞。空手道スポーツ少年団。

市空手道スポーツ少年団は11日に予定していた新年合同寒稽古を、新型コロナ感染防止対策のため中止した。 当日に予定していた年間努力賞(各…

20211/25

春に誘うロウバイの花。郷ノ浦町の民家で満開。

全国的に気候変動が激しい1月。壱岐空港測候所のデータでは、8日は最低気温マイナス3・8度(1月観測史上低い方から6位)、最高気温は0・5度(…

20211/25

壱岐島移住ガイドブック発行。表紙応募作品はイオンで展示。

市政策企画課地域創生・人口減少対策班はこのほど、UIターン者の増加を目指すために「壱岐島移住ガイドブック」を作成した。カラー18ページで、各…

20211/20

封じ込め成功を表明、謝罪も=白川市長

市は20日、午後5時時点で新たな新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性…

ページ上部へ戻る