© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20201/31

ラッピングトラック。4台がお披露目。

壱岐産品などを九州本土、本州へ輸送するトラックに、壱岐の観光素材の写真を印刷した「ラッピングトラック」4台が20日、筒城浜ふれあい広場駐車場でお披露目された。
4台は、筒城浜・松永安左エ門の壱岐通運10㌧車、高速船・実りの島ロゴの壱岐海運10㌧車、原の辻遺跡・小島神社の長嶋貨物運送6㌧車、壱岐牛・猿岩の壱岐陸運10㌧車で、主に九州管内や岡山県を輸送エリアとしている。いずれも12月から使用を開始している。

ラッピングトラックは、2018年市議会6月会議で、議員から「島外運搬のトラックを活用したラッピングトラックにすれば、ふるさと商社、壱岐産農水産物、加工品、観光・定住情報など年間を通してPRが可能となる」と提案があり、国の交付金活用、市トラック協会の協力で実現した。

今年度事業費は400万円(国費2分の1)で、22年度までの3年間、毎年4台ずつ、計6事業者(来年度から壱岐運送、西部貨物運送が追加)で実施される。
市企画振興部の横山将司観光課長は「島内では壱岐の自然やグルメ、歴史などの魅力をプリントしたラッピングバスが走っており、定期的に福岡市内でも走行させているが、輸送トラックは年間を通して島外に出向いており、大きなPR効果が期待できる。官民連携の取り組みで壱岐の魅力を全国に伝え、知名度向上、誘客促進につなげたい」と話した。

壱岐海運

壱岐陸運

壱岐通運

長嶋貨物運送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20206/29

リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。

勝本町のホテル・壱岐リトリート海里村上(旧海里村上)が17日、リブランドオープンした。 オープンを前に16日、報道機関向け内覧会を開き…

20206/29

よっち、たかっち、きもいっち。霞翠地区まちづくり協議会。

霞翠地区まちづくり協議会の事務所開所式が20日、同事務所が入居した新城地区老人憩いの家で行われた。設立は4月1日付けで、当初は同4日に開所式…

20206/29

小中学校にアジサイ寄贈。郷ノ浦町文化協会盆栽部会。

中止になった第25回あじさい祭り(郷ノ浦町文化協会主催)で市民に配布予定だったアジサイの苗約千株が、栽培した同協会盆栽部会(田口和夫会長、1…

20206/22

筒城浜で海開き神事。水質は最高の「AA」。

海水浴シーズンを前に市商工会や市などは11日、筒城浜ふれあい広場レストハウスで海開きの神事を行い、無事故と観光振興を祈念した。 神事に…

ページ上部へ戻る