© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201912/20

盈科が県大会優勝。堀幸一杯学童軟式野球大会

少年野球の堀幸一杯第12回県学童軟式野球大会が7、8日に県営ビッグNスタジアムなどで行われ、壱岐地区代表で出場した盈科少年軟式野球クラブが初優勝した。

盈科は1回戦で福重(大村)に8‐0で圧勝すると、2回戦は小島小(長崎)に3‐0、準決勝はブラックダイヤモンズ(県北)に4‐0と、いずれも完封勝ちで決勝進出を果たした。

決勝は猛打が売りで2回戦では23得点を挙げた西諫早(諫早)と対戦。初回にこの大会初失点となる1点を失ったが、3回裏に2死二塁から3番中上の左前適時打で同点。4回裏は1死二三塁から8番豊永がツーランスクイズを決めて逆転に成功した。5回表に2点を返されて再び同点となったが、5回裏も1死二三塁から4番浦上がスクイズを決めて4‐3。1点差を4回から先発・浦上をリリーフした中上が抑えて、接戦を制した。

立石雅人キャプテン(6年)は「初回に先制されたが、みんなが絶対に逆転できるという信念で一つになり、盈科らしい粘り強いゲームができた。二三塁でのツーランスクイズは、相手が前進守備の時には二塁ランナーが三塁手前まで大きくリードを取って、いつも狙っていた。練習の成果を出すことができた。念願だったビッグNスタジアムで決勝を戦えたのも嬉しかった」と優勝を喜んだ。

盈科は今年、5月の高円宮賜杯全日本学童県大会で準優勝し、7月の高野山旗全国学童大会に出場。11月の壱岐市長旗は決勝で霞翠に惜敗して準優勝だったものの、福岡の強豪校などを次々と破った。立石キャプテンは「全国や福岡のチームと対戦して、自信を深めることができた。県大会では『負けない』という気持ちを抱くことができた」と経験が自信につながった。

今シーズン最後の大会は22、23日に佐賀・唐津市で行われる今泉杯西日本友好学童軟式野球大会。大阪、石川、北海道などから選抜チームが出場する全国規模の大会で、単一小学校チームの盈科にとっては強敵相手となるが、立石キャプテンは「6年生にとって小学校最後の大会なので、悔いのないように戦いたい」と盈科らしいつなぐ野球で頂点を目指す。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る