© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201911/22

「アスパラの島」目指しては。

松浦市が「アジフライの聖地」として売り出している。友田吉泰市長が今年4月に「松浦アジフライ憲章」を掲げ、市はアジフライに特化したガイドブックを作成するなど、観光振興に力を入れている。

松浦市が「アジフライ」にターゲットを絞ったのは、松浦漁港がアジの水揚げ量日本一を誇っているから。日本のどこにでもいると思われているアジだが、その主な生息域は松浦沖の対馬暖流域で、太平洋側に比べて10倍の資源量と言われている。その漁場に最も近いのが松浦魚市場で、年間を通してコンスタントに月1千㌧以上の水揚げがあるのは松浦だけ。ピークは夏場だが、松浦では1年中水揚げがあるため、名物には最適な産品となっている。

市内でアジフライを提供している店が29店舗もあり、揚げ方などそれぞれがこだわりを持っている。アジだけを食べ歩いても飽きないし、アジを目当てに来た観光客はサバ、トラフグ、マグロ、車エビ、カキなど他の海鮮グルメの魅力も知ることになる。「アジフライ」という主軸がぶれずにあることが、波及効果も生んでいる。観光振興策として上手い手法だ。

壱岐にも山ほどのグルメがある。エース格は壱岐牛だろうが、肥育農家はまだ少なく、市内に屠場がないため価格は福岡と変わらず、希少部位もあまりない。全島がまとまって取り組める食材に特化したグルメを開発すべきではないか。

農産物ならアスパラガスが最適だろう。堆肥を使った循環型農業の代表作物だし、SDGsの一環としてアスパラ栽培に先端技術を導入する実証実験が進められており、実用化されればその栽培方法自体が名物に成り得る。アスパラギン酸の健康効果も注目されている。

アスパラには数多くの品種があるので、様々な品種を栽培したり、市民が考案したアスパラ料理を募集してコンテストを開き、入賞作品を飲食店で提供するなどの方法も考えられる。松浦市に負けない取り組みを期待したい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

20202/14

9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

市は3日、市地域おこし協力隊員(離島留学生コーディネーター担当)として福岡県柳川市からUターンした大森久子さん(48=芦辺町出身)に委嘱状を…

20202/7

最優秀は「焼酎まんじゅう」。壱岐焼酎料理レシピコンテスト。

壱岐焼酎料理レシピコンテスト(壱岐みらい創りサイト、同実行委員会主催)が2日、壱岐の島ホールで開かれ、22点の応募から書類選考を通った5点(…

20202/7

瀬戸地域まちづくり協議会。三島地区に続き開所式。

瀬戸地域まちづくり協議会の設立・事務所開所式が1日、箱崎地区公民館で行われた。市内18小学校区で設立準備が進められている、壱岐市の新たな地域…

ページ上部へ戻る