© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20199/13

切っても切れない日韓関係。

日韓の政治的対立が、様々な問題を引き起こしている。目に見える問題としては対馬市の観光客数減少が挙げられる。同市は4日、8月に対馬を訪れた韓国人観光客数が前年同期比8割減の約7600人だったと発表した。

同市は「宿泊、観光体験、飲食、交通業者などが直接的に打撃を受けている。小規模事業者がほとんどのため、事態が長期化すれば休業や廃業もありうる。7月で3億円、8月は7億円強の消費低下が起きている」と危機感を募らせている。対馬―釜山間の航路はこれまで日韓の6社が運航していたが、9月からは3社に減少することから、今後はさらに減少幅が大きくなりそうだ。

その対馬観光の出発拠点でもあった釜山市の議会は6日、戦前に朝鮮半島出身者を雇い軍需物質を作った日本企業284社を「戦犯企業」と定義し、同市が該当企業の製品を購入しないことを努力義務とする条例案を可決した。首都のソウルでも同様の条例案が可決された。日韓関係は混迷を深める一方で、少なくともあと数年間は観光客数が戻ることは期待できそうもない。

もともと韓国人インバウンドがごく僅かだった本市には直接的な影響は見られていないが、目に見えにくい形での影響は出てくるかもしれない。先日、県の海岸漂着物対策推進協議会が開かれ、今後の対策推進計画改定について話し合われた。現在行われている海岸漂着物発生抑制対策事業の多くは、釜山市を中心とした韓国市民、学生との共同で実施されており、今年度事業は現時点では予定通り実施される見込みだというが、現状を考えると不透明な部分が大きい。

本市に漂着する国籍判明のペットボトル、ライターのうち2割前後が韓国製であり、減少対策には両国の協調体制が不可欠である。国同士の政治的な対立、感情のもつれがいくら大きくなろうと、ごく近くの隣国という立地条件が変わるわけではない。地方自治体間、民間レベルでの取り組みまで断絶させるわけにはいかない。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る