© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20194/5

来年度からプログラミング教育。

県教育委員会は3月末、ホームページに「長崎県小学校プログラミング教育スタートブック」を掲載した。新学習指導要領で、小学校では2020年度からプログラミング教育が必修化されるため、その理解と準備のためのものだ。柴山昌彦文科相は先日の記者会見でプログラミング教育の意義について「自動車など身の周りの多くのものに人工知能(AI)が取り入れられた社会を生き抜くためには、家電や無人自動車が動く仕組みを知る必要がある」と話した。

指導要領では総合学習のほか、理科や算数の項目について具体例を提示。6年生理科では電気の利用について学ぶ単元で、センサーを使って発光ダイオード(LED)の点灯を制御するプログラミングの体験が例示された。トイレに入ると人感センサーで照明が点灯するといった身の回りの仕組みに気づかせるなど、日常生活と結びつけた学習活動を充実させるという。いまや身の周り全てにコンピューターが介在する。子どもたちが「なぜ」「なんで」と保護者に説明を求める機会も、以前より多いかもしれないし、その疑問に保護者が適切に答えられないケースもあるだろう。子どもたちが「プログラミング的思考」を身に付けることは重要に思える。

だが県教委が公開したスタートブックを一読すると、その内容はあまりにも難解だった。例えば小学校5年算数の「正多角形を書く」の実践例では、教師のかかわりとして「正三角形の内角60度に着目し、そのままプログラムするとうまくいかないことから、児童の『あれ、なんで?」を引き出す」と書かれている。保護者はこの解説を理解できるのだろうか。学習は学校だけで行うものではない。少なくとも小学生なら保護者が学習内容を正確に理解しておく必要がある。また離島では、本土のように学習をサポートする塾、講座も少ない。実施前に、保護者が理解できる内容の解説書を、市教委には準備してもらいたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

ページ上部へ戻る