© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20194/5

新船ダイヤモンドいきが就航。印通寺~唐津東航路

九州郵船(竹永健二郎社長)は1日、印通寺~唐津東航路に新船「ダイヤモンドいき」(932㌧、旅客定員350人、車両搭載台数43台、航海速力14・8ノット)を就航させた。長崎県の船舶リプレイス事業を活用し、建造費20億3千万円は全額補助金(国費100%)でまかなわれるため、同事業の運賃低廉化措置により通常旅客運賃(片道)を1900円から1520円に2割引きとする(4月末までは燃油調整金150円加算、5~7月は無料)。期間はその割引総額が補助金相当に概ね達するまで継続される。国境離島島民割引料金にはリプレイス割引は適用されないが、4~5月の10連休の後半から夏休みの繁忙期の旅客運賃に割安感が出ること、清潔感あふれる新船への乗船意欲が、本市への観光客増加に効果を発揮しそうだ。

1987年から32年間にわたって主に印通寺~唐津東航路に就航していたフェリーあずさが、3月31日午後8時05分に最後の乗船客を乗せて印通寺港に入港すると、お別れセレモニーが開かれ、その労をねぎらった。替わって1日午前7時50分からは同港でダイヤモンドいきの就航セレモニーが開かれ、白川博一市長、黒﨑勇壱岐振興局長、同船命名者の1人である山崎悠太朗さんらがテープカットを行い、 向井善嗣船長に花束が贈られた。竹永社長は「料金2割引を実施するので、地域と手を携えて、地元経済の発展に寄与したい」、向井船長は「船の名前のダイヤモンドにちなんで、皆さんに輝きを与えられる航海をしたい」と挨拶。本土の高校に進学する生徒など乗船客54人、車7台を乗せた第1便を、七色の紙テープとともに見送った。

老朽化のため退役するフェリーあずさは、683㌧、全長65・7㍍と小型で、984㌧・75・3㍍のエメラルドからつ(2007年就航)に比べて、乗客からは「時化の時に揺れがひどい」「常に振動している」「音がうるさい」などの苦情も多かった。

ダイヤモンドいきは「赤字航路のためランニングコストを重視した」(九州郵船)ため、エメラルドからつよりはやや小型の932㌧・75・7㍍だが、フェリーあずさには未搭載だったスタビライザー(動揺軽減装置)が搭載されるなど、各種の乗り心地改善、操船性能向上が図られている。航海速力、旅客定員、車両搭載台数はフェリーあずさと同規模だが、エレベーター、多目的トイレ、段差解消などバリアフリー化され、船内のエントランス、イス席、じゅうたん席などは壱岐に多く残る日本家屋をイメージした木目調のデザインに一新された。

エメラルドからつとともに、主に印通寺~唐津東航路で就航されるが、ドッグ配船時には壱岐~博多航路でも運航される。白川市長は「揺れが少なく、バリアフリー化された美しい船を建造して頂いた。離島民以外の航路運賃も低廉化されるので、関係機関と連携して観光客誘致にさらに力を入れていきたい」と期待を込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/14

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月1…

20207/14

観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

勝本町勝本浦の一部を埋め立てて、新たなまちづくりや観光拠点としての整備を進めていることが、県壱岐振興局と市への取材でわかった。 計画案…

20207/14

あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

あまごころ本舗㈱壱岐支店のあまごころ壱場が6月30日、閉店した。 閉店時間の午後5時に最後の客を見送ると、全従業員が入口前に並び、「あ…

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

ページ上部へ戻る