© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20191/18

壱岐の「本物」育成が必要。

年末年始は仕事以外は外出せずに、テレビを観る時間が多かった。動画のネット配信に押され気味だと言われているテレビだが、見応えのある番組もあった。特に年末のNHK紅白歌合戦は観ていて鳥肌が立ち、涙があふれてきた。ラストの桑田佳祐さんと松任谷由実さんのコラボレーションが実現したシーンだ。私たち中高年齢層にとって、青春時代から常に寄り添ってきたサザンオールスターズ、ユーミンは、特別な存在だった。その2組が生でNHKホールの同じステージに立ち、歌い、パフォーマンスをする姿は、夢のようなひと時。大御所の北島三郎さんも加わって、格の違うステージで魅了してくれた。平成最後の紅白歌合戦だからこそ実現したことだったが、やはり「本物のスター」を見せてくれれば、視聴者も感激することを示した好例だったように思う。一時的な人気や歌の上手さだけでなく、一つのことに集中して長年積み重ねてきた存在感が伴ってこそ「本物」に昇華してくる。日本レコード大賞のピンクレディーやMISIAさんのステージも「本物」を感じさせてくれた。

これはテレビ番組以外でも同様ではないだろうか。「本物」は人々を魅了するが、一朝一夕には成し遂げられるものではない。壱岐には魅力的なモノが数多く存在するが、誰もが認める「本物」にまではまだ昇華できていないように思える。例えば「グルメ」だが、食材の宝庫であることは間違いないが、地元の人も感激して日常的に食べているような名物でなければ、観光客も感動はしてくれない。「観光名所」も同様で、地元の人が感動する場所でなければならない。素材は素晴らしくても、放っておいて「本物」になるものではなく、市、市民が一丸となって積極的に整備などに取り組んでいく必要がある。

「壱岐ならば、これだ!」という本物のスターを探し、育てることが、2019年の壱岐に課せられた命題ではないだろうか。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る