© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201811/16

女子郷ノ浦7位、男子勝本10位。県中学総体駅伝競走大会

県中学総体の第60回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第35回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2㌔)が8日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎と周辺ジョギングコースで行われ、男女とも32校が出場した。

女子の郷ノ浦は、3年生の強豪が揃う1区で1年生の野村夏希が区間8位と健闘した。八百㍍でジュニアオリンピックに出場した野村は「個人競技と違い、タスキの重さを感じる駅伝はすごいプレッシャーで緊張した。速い人がいてびびりそうだったが、相手を気にせず自分の走りに徹した。みんなの声援が背中を押してくれた」と初の中学駅伝県大会でも持てる力を発揮した。2区山口凜(3年)も区間8位で総合6位に順位を上げた。山口は「ラスト500㍍のところにメンバーがいて、励ましてもらった。そこからラストスパートをかけて順位を上げられて良かった」と笑顔を見せた。

3区山内菜々子(2年)は区間12位ながら総合順位を5位まで上げ、4区末永笑愛(3年)は区間4位の快走。アンカーの德島美羽(3年)も区間9位と粘った。総合順位は7位で昨年の6位を下回ったが、タイムは昨年を13秒上回った。德島は「1~4区が上位でつないでくれた。目標の九州大会出場には届かなかったし、私が抜かれてしまい入賞を逃したのは悔しいが、最後の大会で全力を出し切れた。3年間、練習はきつかったが、最後にみんなとハイタッチをして、楽しく終えることができた」と充実した表情を浮かべた。

女子の芦辺は故障を抱えながら出走した1区田中咲蘭(2年)が区間20位と出遅れたものの、徐々に盛り返して、最後はアンカーの大井陽香里(3年)が4人抜きで総合14位になった。田中は「練習ができておらず、きつかった。それでも全部を振り絞って走った」と悔しさを表したが、大井は「見える範囲の選手は全部抜いた。みんなでカバーし合えて、良い大会だった。記録が伸びずに悩んでいる時も、田中さんをはじめ仲間がいたからここまで走ってこられた」とすべてをやりきった充実感にあふれていた。

男子の勝本は2区の1年生原田航汰が区間4位で5人抜きの快走を見せた。原田は「自分にとっては初めての中学駅伝県大会だが、3年生にとってはこれが最後の大会だから、力が入った。いつもなら一度抜かれたらあきらめてしまいがちだったのに、きょうは抜き返すことができた」と3区以降の4人の3年生への思いを込めながら貴重な1秒ずつを必死にけずった。県大会初出場だった5区辻圭人(3年)は区間5位、アンカー下條豊祈(3年)は2人抜きで順位を上げて、総合10位。昨年の6位からは下がったものの、昨年のタイムとは9秒差と意地を見せた。男子の芦辺はスタートから波に乗れず、総合21位だった。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る