© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20188/24

「子どもたちに夢を」ボートレーサー下條が寄付。

勝本町出身のボートレーサー下條雄太郎さん(32)とその後援会(品川護郎会長)が15日、壱岐高校(平山啓一校長)と壱岐ジュニアランナーズ(西雪晴代表)に寄付を行った(金額非公表)。盆で本市に帰省していた下條さんが母校の壱岐高校を訪れ、「微力ですが、壱岐の将来を担う生徒、子どもたちが夢を持てるために遣って頂けたら嬉しい」と、平山校長、西代表に贈呈した。下條さんの寄付は昨年、壱岐高校、壱岐商業高校に対して行ったのに続いて2年連続。寄付金の用途は、壱岐高校は昨年に続いてスポーツ・文化活動で功績のあった生徒に卒業式で記念品贈呈を行うほか、2年生の課外活動にも活用する。壱岐ジュニアランナーズはまだ用途を決めていない。

下條さんは平山校長らの質問に対して「ボート界でもそうだが、長崎の子はテクニックでは互角なのに、周囲をあまり見ないで身内だけで固まっている傾向が強い。合宿などで多くの人と出会い、いろいろな考え方に触れさせることが必要ではないか」「離島出身ということで最初からあきらめてしまう子もいるが、壱岐出身でもここまでできるのだということを、私自身が示していきたい」「勝負の勝ち負けは相手がいることなので、ベストの戦いでも負けることがある。だから負けたことを引きずってはいけない。気持ちの切り替えが大切」などと自らの経験からアドバイスを贈った。

下條さんは2005年のデビュー以来、着実に成績を積み上げ、これまで通算12回の優勝。今年はフライングが重なり、5月後半のSGボートレースオールスター以降は出場停止処分を受けていた。だがその処分も解け、28日のBIGFUN平和島杯(東京・平和島)からレースに復帰する。長らく守り続けてきたS級から陥落し、A1級からの再出発になるが「一歩一歩上がっていくことはこれまでと同じ。年末の賞金王決定戦を目標にするのもこれまでと同じ。出場停止をマイナス要素ととらえないで、レースの合間にはできなかったトレーニングをしっかりやることができたと思うようにする。実際、いまはすごく体が軽い。この経験は必ず活かすようにする」と決意を新たにしていた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/21

島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。

重家酒造(横山雄三社長)が有人国境離島法の雇用機会拡充事業を活用して石田町池田西触に建設した日本酒蔵「横山蔵」で14日、今年度の日本酒仕込み…

20189/21

どうなる壱岐空港滑走路。

壱岐市にとって近未来的な最大の問題は空路存続だ。ORCの後継機Q400型を支障なく運用するためには1500㍍滑走路が必要で、国、県に滑走路延…

20189/21

郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般質問

市議会定例会9月会議の一般質問が12、13日の2日間行われ、8議員が登壇した。鵜瀬和博議員は「図書館機能の充実について」のテーマで質問。老朽…

20189/14

「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式

市教育委員会が本年度から始めた小中学生向け離島留学制度「いきっこ留学生」を利用し、市内の小中学校に2学期から留学した児童・生徒5人の入市式が…

20189/14

被災者の言葉に感動。

6日早朝に北海道を襲った最大震度7の大地震は、道内に大きな被害をもたらした。地震そのものによる被害も40人以上の死者が出るなど大きなものとな…

ページ上部へ戻る