© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20188/24

「子どもたちに夢を」ボートレーサー下條が寄付。

勝本町出身のボートレーサー下條雄太郎さん(32)とその後援会(品川護郎会長)が15日、壱岐高校(平山啓一校長)と壱岐ジュニアランナーズ(西雪晴代表)に寄付を行った(金額非公表)。盆で本市に帰省していた下條さんが母校の壱岐高校を訪れ、「微力ですが、壱岐の将来を担う生徒、子どもたちが夢を持てるために遣って頂けたら嬉しい」と、平山校長、西代表に贈呈した。下條さんの寄付は昨年、壱岐高校、壱岐商業高校に対して行ったのに続いて2年連続。寄付金の用途は、壱岐高校は昨年に続いてスポーツ・文化活動で功績のあった生徒に卒業式で記念品贈呈を行うほか、2年生の課外活動にも活用する。壱岐ジュニアランナーズはまだ用途を決めていない。

下條さんは平山校長らの質問に対して「ボート界でもそうだが、長崎の子はテクニックでは互角なのに、周囲をあまり見ないで身内だけで固まっている傾向が強い。合宿などで多くの人と出会い、いろいろな考え方に触れさせることが必要ではないか」「離島出身ということで最初からあきらめてしまう子もいるが、壱岐出身でもここまでできるのだということを、私自身が示していきたい」「勝負の勝ち負けは相手がいることなので、ベストの戦いでも負けることがある。だから負けたことを引きずってはいけない。気持ちの切り替えが大切」などと自らの経験からアドバイスを贈った。

下條さんは2005年のデビュー以来、着実に成績を積み上げ、これまで通算12回の優勝。今年はフライングが重なり、5月後半のSGボートレースオールスター以降は出場停止処分を受けていた。だがその処分も解け、28日のBIGFUN平和島杯(東京・平和島)からレースに復帰する。長らく守り続けてきたS級から陥落し、A1級からの再出発になるが「一歩一歩上がっていくことはこれまでと同じ。年末の賞金王決定戦を目標にするのもこれまでと同じ。出場停止をマイナス要素ととらえないで、レースの合間にはできなかったトレーニングをしっかりやることができたと思うようにする。実際、いまはすごく体が軽い。この経験は必ず活かすようにする」と決意を新たにしていた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る