地域情報

初山「オレンジバス」運行開始 初の地域コミュニティバス 買い物・診療等 交通難民解消

地域の交通難民解消を目的とした初山地区コミュニティバス「オレンジバス」の運行出発式が18日、旧初山中グラウンドで開かれた。市内初、県内では対馬市、平戸市に続き3か所目の地域コミュニティバス(乗り合いタクシー)として、初山地区まちづくり協議会が運営主体となり、初山地区と県壱岐病院を結ぶ路線で平日1日4往復(予約制)運行する。初日の19日には4人が利用した。約330万円で市が導入した車両は10人乗りワゴンタイプで、運転手は国交省指定の研修を受けた7人が交代で担当。車体側面には初山の名所「海豚鼻」にちなんで海豚鼻灯台とかわいいイルカの絵が描かれた。交通の便が悪い同地区住民の足として期待が高まっている。

関連記事

  1. 昨年中の出生数 112人(前年比5人増)
  2. 国境離島新法50億円交付金創設 事業費ベースで100億円超え
  3. 初出品で銀メダル獲得 重家酒造の横山五十
  4. 島内企業情報誌 中高2年生に配布
  5. 1500の願い奉納。八坂神社にキャンドル。
  6. 賑やかに壱岐雪州会総会開催 来年は100周年記念
  7. 新商品「麦の贈りもの」発売 壱岐焼酎6蔵飲み比べ
  8. お手柄連携プレー 特殊詐欺を未然防止

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP