地域情報

初山「オレンジバス」運行開始 初の地域コミュニティバス 買い物・診療等 交通難民解消

地域の交通難民解消を目的とした初山地区コミュニティバス「オレンジバス」の運行出発式が18日、旧初山中グラウンドで開かれた。市内初、県内では対馬市、平戸市に続き3か所目の地域コミュニティバス(乗り合いタクシー)として、初山地区まちづくり協議会が運営主体となり、初山地区と県壱岐病院を結ぶ路線で平日1日4往復(予約制)運行する。初日の19日には4人が利用した。約330万円で市が導入した車両は10人乗りワゴンタイプで、運転手は国交省指定の研修を受けた7人が交代で担当。車体側面には初山の名所「海豚鼻」にちなんで海豚鼻灯台とかわいいイルカの絵が描かれた。交通の便が悪い同地区住民の足として期待が高まっている。

関連記事

  1. 壱岐高体験入学に島外から9人 東アジア歴史・中国語コース
  2. シェアして応募 協力隊がキャンペーン
  3. 県防災航空隊が消防本部と訓練。本市から派遣の江口隊員も。
  4. 本市観光客延数が4・8%増 好天で海水浴客など増加
  5. 市老人ホームに3姉妹。75年ぶりの同居生活。敬老の日
  6. イノシシを罠で捕獲。140㌔のオス。
  7. 18人に優秀作品賞 市民絵画・写真展
  8. 副市長に笹原さん選任 地方創生に陣頭指揮

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP