地域情報

初山「オレンジバス」運行開始 初の地域コミュニティバス 買い物・診療等 交通難民解消

地域の交通難民解消を目的とした初山地区コミュニティバス「オレンジバス」の運行出発式が18日、旧初山中グラウンドで開かれた。市内初、県内では対馬市、平戸市に続き3か所目の地域コミュニティバス(乗り合いタクシー)として、初山地区まちづくり協議会が運営主体となり、初山地区と県壱岐病院を結ぶ路線で平日1日4往復(予約制)運行する。初日の19日には4人が利用した。約330万円で市が導入した車両は10人乗りワゴンタイプで、運転手は国交省指定の研修を受けた7人が交代で担当。車体側面には初山の名所「海豚鼻」にちなんで海豚鼻灯台とかわいいイルカの絵が描かれた。交通の便が悪い同地区住民の足として期待が高まっている。

関連記事

  1. 久間総務部長が潔白を答弁。退職願、長期休暇を説明。市議会一般質問…
  2. 人口2万5千人割り込む。令和2年国勢調査。
  3. 郷ノ浦港からダイビング?
  4. 松嶋さんが海上保安協会会長賞。未来に残そう青い海図画コンクール
  5. 11月からは1ゾーン 九州郵船燃油調整金
  6. 消防車が一斉放水 各地区で消防出初式
  7. 市内で新規感染者3人判明。経済回復策を発表した直後。行政検査31…
  8. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP