© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20188/10

壱岐定期公演「旅・はるかなる壱岐」。未来座

劇団未来座・壱岐は2日、一支国博物館3階多目的ホールで、第5回定期公演「旅・はるかなる壱岐~小山弥兵衛を救え~」(原作・柴田東一郎、西瀬英一)を上演。180席が満席となった。

但馬国で起こった百姓一揆の一人とみなされて、無実の罪で壱岐島に島流しされた小山は、村人に読み書きを教え、田畑を潤し、防風林を造るなど地域の発展に貢献しながら50年が経過した。一方、小山のことを知らずに育った孫娘おいきは、8歳の時に亡くなった祖母の臨終の言葉で、壱岐島で祖父が生きていることを知る。「大きくなったらおじいちゃんに会いに行く」と祖母と約束したおいきは、長旅へ向けて尼寺で修行し、全鏡と名乗り、壱岐島へ向けての過酷な旅を始めた。

舞台では、2人が出会うまでを天狗親子が物語のナビゲーターとして進行。小山を座長の土肥正史、全鏡を鵜瀬和奏、その幼少期のおいきを重本利実が演じた。公演は、原作「遥かなり・壱岐」の作者で朝来市和田山町在住だった柴田さんが昨年12月に急逝したことから、「柴田東一郎追悼公演」と題して行われ、未来座と柴田さんとの係わり合いなども紹介された。会場には、箱崎小学校との交流で1日から3日間の日程で壱岐を訪問していた朝来市の東河小学校の児童20人が訪れて、舞台を鑑賞した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/14

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月1…

20207/14

観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

勝本町勝本浦の一部を埋め立てて、新たなまちづくりや観光拠点としての整備を進めていることが、県壱岐振興局と市への取材でわかった。 計画案…

20207/14

あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

あまごころ本舗㈱壱岐支店のあまごころ壱場が6月30日、閉店した。 閉店時間の午後5時に最後の客を見送ると、全従業員が入口前に並び、「あ…

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

ページ上部へ戻る