© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20188/10

壱岐定期公演「旅・はるかなる壱岐」。未来座

劇団未来座・壱岐は2日、一支国博物館3階多目的ホールで、第5回定期公演「旅・はるかなる壱岐~小山弥兵衛を救え~」(原作・柴田東一郎、西瀬英一)を上演。180席が満席となった。

但馬国で起こった百姓一揆の一人とみなされて、無実の罪で壱岐島に島流しされた小山は、村人に読み書きを教え、田畑を潤し、防風林を造るなど地域の発展に貢献しながら50年が経過した。一方、小山のことを知らずに育った孫娘おいきは、8歳の時に亡くなった祖母の臨終の言葉で、壱岐島で祖父が生きていることを知る。「大きくなったらおじいちゃんに会いに行く」と祖母と約束したおいきは、長旅へ向けて尼寺で修行し、全鏡と名乗り、壱岐島へ向けての過酷な旅を始めた。

舞台では、2人が出会うまでを天狗親子が物語のナビゲーターとして進行。小山を座長の土肥正史、全鏡を鵜瀬和奏、その幼少期のおいきを重本利実が演じた。公演は、原作「遥かなり・壱岐」の作者で朝来市和田山町在住だった柴田さんが昨年12月に急逝したことから、「柴田東一郎追悼公演」と題して行われ、未来座と柴田さんとの係わり合いなども紹介された。会場には、箱崎小学校との交流で1日から3日間の日程で壱岐を訪問していた朝来市の東河小学校の児童20人が訪れて、舞台を鑑賞した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/22

短歌コンテストも開催。万葉公園開園50周年記念イベント

「令和ゆかりの地・壱岐『万葉公園50周年記念イベント』」が17日、石田町の万葉公園で開かれ、東京、大阪などからのツアー客ら約百人が参加した。…

201911/22

「アスパラの島」目指しては。

松浦市が「アジフライの聖地」として売り出している。友田吉泰市長が今年4月に「松浦アジフライ憲章」を掲げ、市はアジフライに特化したガイドブック…

201911/22

山口幹雄賞に豊坂元子さん。第63回市美術展覧会

第63回壱岐市美術展覧会(市美術協会主催、15~17日・壱岐の島ホール)の表彰式が17日に行われた。出品数は絵画22人38点、彫塑工芸14人…

201911/15

韓国民族舞踊など披露。第21回日韓国際交流文化祭

第21回日韓国際交流文化祭(市文化団体協議会主催)が4日、壱岐の島ホールで開かれ、韓国伝統芸能と壱岐芸能のコラボレーションを約300人が楽し…

201911/15

航空路維持はまだ安心できない。

壱岐市からの知事要望、県中学駅伝と2週続けて長崎本土に取材に出向いた。知事要望は県庁で午前11時から、中学駅伝は諫早で午前10時50分のスタ…

ページ上部へ戻る