© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20134/12

壱岐島の観光事業に期待

syasetsu 3月29日、「がんばらんば長崎」地域づくり支援事業に壱岐体験型観光受入協議会(現・壱岐市観光連盟)が応募した、“壱岐島ごっとり市場プロジェクト”が採択された。実施期間は平成25年度から2か年、総事業費は1億2500万円のビッグプロジェクトだ。
壱岐を取り巻く現状は観光客12・8%減(平成17年から22年までの6か年)。ピーク時からは21・8%も減少し、観光消費額38・7%減(同)と非常に厳しい情勢だが、同プロジェクトによると、観光客数を3年後(平成27年度末)に1万3150人、5年後(29年度末)は2万2550人増を目標値にしている。
分析では、①海水浴ブームの衰退②団体から個人旅行への対応の遅れ③観光客が多かった時期にリピーター対策が取られていないなどを観光客減少の原因とし、“今後の人口増加は極めて困難である状況の中、交流人口(観光客)を拡大することにより、地域の活性化につなげることが必要”としている。
同プロジェクトで注目したい点が2点ある。ひとつは団体旅行に依存している観光客誘致を“個人対象に変えることが出来るか”である。団体旅行では猿岩、一支国博物館、イルカパークなどを観光し、ウニ丼や海の幸を食べさせるお決まりのルートだが、一見さんならともかく、リピーターを増やしたいのであれば今の現状では難しい。そのため、個人旅行客が壱岐に来島してから観光地を決める、いわゆる着地型観光が必須なのである。
もうひとつは同プロジェクト実施計画にあるキャンペーン展開による誘客促進だ。なかでもメディア誘致によるキャンペーンが盛り込まれているが、メディアを使うとなると大きな予算がかかる。広告業界からの視点でいうと、キャンペーン中は集客効果があるが、キャンペーンが終わり予算がなくなると、宣伝効果がなくなることがほとんどだ。メディアを使った事業展開で“将来も観光客を増やし続けること”が果たして出来るのかどうか。
同プロジェクトは一過性なものにせず、予算がなくなる平成27年度以降も継続、持続出来るものにしないといけない。この事業が成功は、観光客数が年々伸びていくかどうかが鍵を握る。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る