© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201712/1

地域一丸となった観光客対策を。

先日、フェリーで博多港に着き、バスで博多駅に向かおうとした。フェリーから早い順番で降りると、ちょうど停留所にバスがいたので乗り込むと、すぐに発車した。自分にとっては良いタイミングだったが、その後にフェリーを降りてきた人は、すでにドアの閉まったバスの横で困惑の表情を浮かべた。

「すみません」と声を出す人がいたので、運転手はため息をつきながらドアを開けて乗客を乗せたのだが、アナウンスで「早くしてください。発車時間が過ぎています」といらだった声を挙げた。まだバス停に向かっていた人もいたが、半ば強引に再度発車した。気分の良くない光景だった。運転手にとっては、定時運行は重要な任務だし、始発での発車が遅れれば途中のバス停で待っている乗客にも迷惑が掛かる。時間になったら発車するのは仕方がないことだが、接客業として客をなるべく不快にさせないためのマニュアルはあるはずだ。

それよりも、ベイサイドプレイス発のバスを、フェリー・ジェットフォイルの到着時間に合わせることはできないものかといつも思う。船には多くの便があるが、乗降客が多いのはやはり壱岐・対馬航路なのだから、この到着時間に合わせることは経営上も論理的であるはずだ。接続した乗り継ぎバスがあれば、九州郵船の船内でその発車時間を案内することができる。ベイサイドプレイスから博多駅での電車、福岡空港での航空機に乗り継ぐ場合、その時間配分に苦労する人も多い。荷物が少なければ天神まで歩いたり、金銭的な余裕があればタクシーを利用すれば良いが、旅はやはり荷物が大きくなるし、旅費はなるべく安くしたいものだ。

土地勘のない観光客は、こうした不便さ、不確実さが地方へ足を向けさせない要因にもなる。せっかくの楽しい旅も、1人の言動だけで最悪の思い出になってしまうこともある。交流人口拡大のために地域が一丸となった取り組みの重要さを改めて思い知った。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る