© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20138/30

団体を超えた情報発信の必要性。

ポータルサイトという言葉がある。元々ポータルとは、港(port)から派生した言葉で、門や入口を表し、ウェブサイトにアクセスするために、様々なコンテンツ(内容・中身)を有する、巨大なサイトをポータルサイトという。代表的な例がYAHOOのトップページだ。
壱岐でいうと、県や市、市観光連盟、商工会、JA壱岐市など、個々にあるホームページの情報をひとつにまとめ、観光客ら島外の人々が、壱岐の最新情報をすばやくキャッチ出来る、そうした仕組みであり、田舎や離島での集客には欠かせない手法のひとつとなっている。
平成24年度に壱岐振興局主催で行われた“壱岐地域こぎ出せミーティング”では、島内イベント情報の共有化を図るための話し合いが行われた。
情報の集約と情報発信の一元化である。その中で①各団体は市観光協会(当時)にイベントなどの情報提供を行う。②同協会は提供されたイベントを情報発信し、その情報を各団体で共有する。③各団体は共有された情報の協力をする、と提案された。
昨年、Iターン者として初めて盆を過ごしたが、壱岐の盆行事がわからず、苦労した。当時の市や市観光協会、商工会に問い合わせたが、「主催をしていないのでわからない」と言われ、「フリーペーパーを発行しているのなら、そちらで掲載したらどうか」と言われる始末だった。
全国的にNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の人気が高まる中、「地域おこし協力隊」として市が採用した“あまちゃん”合口香菜さんが話題となり、島外からもたくさんのテレビ取材が行われた。テレビを観て、壱岐の“あまちゃん”に興味を持った島外の人たちは、ネットで情報収集したいと思うはずだが、市や市観光連盟のホームページには“あまちゃん”情報がコンテンツとして存在していない。
壱岐が優勝した離島甲子園、プレ国体の自転車競技も市にとっては大きなイベントだったが、その情報をどう検索すれば、島外の人たちが知り得ることが出来るのか。
島単位ではなく、全国単位で情報発信していかないと壱岐の交流人口(観光客)は増えない。壱岐島民の自己満足で終わらせるのはもう止めにしよう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る