© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20174/7

和光会「入所型障がい者支援施設 希望の丘」が開所。

市内で初めての入所型障がい者支援施設となる社会福祉法人和光会「希望の丘」(左野利器理事長)の落成式と内覧会がこのほど、芦辺町箱崎大左右触の同施設で行われた。
施設は旧箱崎中学校の跡地を活用。施設入所支援、生活介護支援が必要な身体・知的・精神障がい者が安定した生活を営むために、2人部屋4室を含む38室、入所者が語らうリビングルームや多目的室、明るい配色の大食堂、機能回復訓練や音楽療法を行う作業訓練室などを完備した。定員は40人。
左野理事長は「これまで島内に入所型施設がなかったため、仕方なく島外の施設に入所している人が多くいて、本人も家族も負担が大きかった。住み慣れた土地で生涯生活できることで、それらの不安を解消することが最大のメリットとなる。地元に愛された小学校の廃校跡地を利用することで、より地元の人たちと一体となった運営ができ、隣接する特別養護老人ホームのハッピーヒルズとともに、箱崎を福祉の郷にしていきたい」と抱負を語った。
1日に開所し、すでに20人が入所しており、このうち5人は島外施設からの移転入所となった。スタッフは看護師2人、介護福祉士4人が常勤するなど23人が揃っており、今後32人まで増員する予定で、雇用拡大に果たす役割も大きい。
同施設では食事、入浴などの生活支援に加えて、能力やニーズに合わせた農耕園芸、奉仕活動などの作業活動や体力増進を図るバスハイク、レクリエーション、作品展、カラオケなどの活動も支援する。
左野理事長は「木造平屋建で温かみのある建物。旧箱崎中学校の名物だった藤棚も建物の目の前にあり、入所者の心を癒してくれるはず」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る