地域情報

秋の夜空に1千発 壱岐島ふるさと花火

壱岐島ふるさと花火2023(同実行委員会主催)が10月28日、郷ノ浦湾で行われ、市民が秋空に打ちあがった1千発の花火を楽しんだ。郷ノ浦町の花火は、2018年に約40年ぶりに復活し今年で6回目。観覧会場の郷ノ浦新岸壁には出店が並んだほか、ダンスイベントもあり、多くの家族連れや学生が来場した。
当日は秋晴れに恵まれ、午後7時頃の打ち上げ開始には、芝生広場に座って花火をカメラに収める姿が見られた。

関連記事

  1. コミュニティバス運行を検討。初山地区まち協設立。
  2. 渡良小で校舎・体育館移転式典 旧渡良中を改修し有効活用
  3. 石路遺跡の牛骨は9~10世紀。年代測定で想定200年遡る。島内最…
  4. いけすの部品?。実はネコザメの卵。
  5. 県内唯一のビール醸造所。アイランドブリュワリーがオープン。
  6. 議会でタブレット活用 ユーストリーム配信も
  7. 沼津で大量の空き缶不法投棄 植樹したばかりの桜近くに
  8. 豪快にマグロ解体ショー 博物館など開館5周年イベント

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP