地域情報

父引継ぎ灯台監視に協力 山本さんに海保長官感謝状

1日の灯台記念日にちなみ、唐津海上保安部は12日、石田町、久喜港中防波堤の灯台を長きにわたり監視したとして、同町の漁業、山本省三さん(70)に海上保安庁長官の感謝状を伝達した。
壱岐海上保安署で開いた伝達式で、同本部の蒲原裕明次長が奥島高弘長官からの感謝状を贈った。
山本さんは平成12年に、それまで9年間灯台監視をしていた父・又光さんから引き継いで以降、自宅から約百㍍離れた久喜港の灯台の点灯状況を監視している。
山本さんは中学卒業後、父の貨物船に乗り、自身も船長として灯台を目印に航海してきた。感謝状を受け「心から感謝いたします。灯台は船乗りにとって重要なもの。元気なうちはしっかりと見守っていきたい」と話した。

関連記事

  1. 「そうなんだ」「わかる」女性に好感持たれる金言
  2. 「結果受け止め一層成長したい」。僅差で落選の森俊介候補。
  3. 焼酎イベント相次ぎ開催 ごっとりまつりに190人
  4. 芦辺中学校工事遅延問題、市長・教育長の給与減額。
  5. 芦辺港高速船乗り場 4月1日からターミナル南へ
  6. 「あまごころ壱場」3月18日オープン 島内初の観光客向け産直施設…
  7. 473人が還暦式出席。第二の人生をスタート。
  8. 灼熱のビーチフラッグ 夏☆夢☆祭

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP