地域情報

父引継ぎ灯台監視に協力 山本さんに海保長官感謝状

1日の灯台記念日にちなみ、唐津海上保安部は12日、石田町、久喜港中防波堤の灯台を長きにわたり監視したとして、同町の漁業、山本省三さん(70)に海上保安庁長官の感謝状を伝達した。
壱岐海上保安署で開いた伝達式で、同本部の蒲原裕明次長が奥島高弘長官からの感謝状を贈った。
山本さんは平成12年に、それまで9年間灯台監視をしていた父・又光さんから引き継いで以降、自宅から約百㍍離れた久喜港の灯台の点灯状況を監視している。
山本さんは中学卒業後、父の貨物船に乗り、自身も船長として灯台を目印に航海してきた。感謝状を受け「心から感謝いたします。灯台は船乗りにとって重要なもの。元気なうちはしっかりと見守っていきたい」と話した。

関連記事

  1. 4月19日の週から到着予定。高齢者向けコロナワクチン。
  2. 1000個の宝で町おこし 壱岐の新たな魅力を発掘
  3. ミュシャの作品200点展示。一支国博物館開館10周年記念。
  4. 大規模災害時に協力 測量設計コンサルタンツ協会
  5. マグロに合う本格麦焼酎。玄海酒造「TUNACHU」。
  6. 17日から高齢者接種開始。待望のコロナワクチン接種。
  7. 疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。
  8. 3選出馬の白川市長に一問一答

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP