© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201611/15

育ドル娘が歌・踊り披露 原の辻ガイダンス収穫祭

原の辻一支国王都復元公園「古代米づくり」の秋の収穫祭と原の辻ウォーク2016が5日、原の辻ガイダンスなどで行われた。
復元公園を散策する原の辻ウォークは、3㌔に75人、8・8㌔に44人の計119人が参加。チェックポイントでスタンプを押し、クイズに解答しながら秋の風景を満喫した。
収穫祭は、ガイダンス来館者が7月20日に、平成22年3月の開館以来通算20万人を突破したのを記念して、私立別府大学短期大学部食物栄養科の生徒で組織するアイドルグループ「育(いく)ドル娘」のメンバー18人がゲスト参加した。
育ドル娘は平成22年結成。現在は28人のメンバーが「歌とダンスで食育を」をキャッチフレーズに、食中毒予防、食事マナーの指導、一汁三菜の推奨、食生活改善などを保育園や地域の行事で呼び掛ける活動を、年間40回程度行っている。収穫祭のステージでもオリジナル曲の「一汁三菜」「手洗いマンボ」など4曲をダンスとともに披露。来場した子どもたちと一緒に踊った。
ブースでは、この日、壱岐に来てから原の辻の古代米を使って手作りした「緑米と大分シイタケ粉末のおこわ」「黒米のおはぎ」「赤米のおこし」を振る舞ったり、手作りカレンダーや大分シイタケのプレゼントも行った。
リーダーの中村亜美(つぐみ)さん(2年)は「子どもたちが一緒に踊ってくれて、とても楽しかった。子どもたちにもバランスの良い食事の大切さや食中毒の怖さを知ってもらえたら嬉しい。古代米は初めて調理したが、思っていた以上においしかった」と新しい食材との出会いも楽しんだ。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る