© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201611/15

4事業に国の助成 離島活性化交付金

市議会定例会11月会議は、総額約1億50万円の本年度一般会計補正予算案を可決し、閉会した。
10月11日に国の本年度第2次補正予算が成立したことに伴い、国費で2分の1を負担する離島活性化交付金を活用した4事業案が採択され、今会議に議案提出、可決した。
「定住移住者支援専用ホームページ作成・保守業務」(総額5百万円、国費250万円)は、市が行う空き家バンクの情報、移住支援など各種制度についての情報発信を強化し、UIターン検討者に広く周知を図るのが目的。現在ある「壱岐市UIターンポータルサイト・いきしまぐらし」を大幅にリニューアルする。
「壱岐産品流通拠点施設整備事業」(総事業費約8876万円、国費約3629万円、残額はJA壱岐市負担)はJA壱岐市が運営する直販所アグリプラザの隣接地に精肉加工を含めた商品加工施設、冷凍施設、荷さばき所を整備し、壱岐産品の流通の核として通信販売事業の更なる展開、新商品の開発、販路の共有などを図る。
「教育交流情報発信事業」(総額864万円、国費432万円)は、壱岐高校「東アジア歴史・中国語コース」の離島留学生学校案内用の映像を制作し、福岡、佐賀など周辺地域でテレビ放映を行い、制度内容と魅力ある教育を広く周知する。同コースの就学生は25年度3人(離島留学生2人)、26年3人(同3人)、27年9人(同5人)、28年13人(同10)と増加傾向にあるものの、まだ定員20人には達しておらず、より交流人口の拡大を図る。
その他、すでに予算化されていた「大谷体育館耐震改修工事」(総額約1億6868万円)も、災害発生時の指定避難場所に指定されていることから、国費約8410万円が助成される。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る