© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201611/8

長岡秀星追悼展が開幕 48点の原画などを展示

一支国博物館の第32回特別企画展「追悼展・長岡秀星」が1日から同館1階テーマ展示室で始まった。27日まで。入場無料。
長岡は長崎市出身のイラストレーター・画家で、戦時中の1945年に父の故郷である壱岐に疎開し、小学2年から高校卒業までを過ごした。壱岐高校3年の時に小学館発行の「中学生の友」の挿絵に送稿し採用されるなど才能を発揮し、武蔵野美術大学に進学。その後、退学してコマーシャルアーティストとして独立した。
1970年に渡米し、73年にカーペンターズのLP「Now&Then」のレコードジャケットを手掛けたことで一躍有名になり、その後、アース・ウィンド・アンド・ファイアー、ディープ・パーブルなど数多くのレコードジャケット、ゼネラルモーターズなど自動車会社やNASAなど、幅広い分野で活躍。昨年6月23日に78歳で心筋梗塞のため死去した。
追悼展は、株式会社なかはらが所有する131点の原画から46点、壱岐の蔵酒造所有の「壱岐っ娘」ラベルデザイン画2点の計48点の原画と、レコードジャケットなど12点を展示。レコードジャケット、自動車のメカ、女性、砂漠、魚、宇宙の6コーナーに分けて、長岡の魅力を紹介している。壱岐での長岡の原画作品展は2004年、昨年の土木の日に続いて3回目。
同館の河合恭典学芸員は「生前から展覧会を開きたいと計画していたが、ようやく実現した。長岡秀星というとレコードシャケットが主に注目されているが、女性や魚など様々な分野でのイラスト・デザインや、壱岐の青い海から連想した青が基調の作品なども見てもらいたい」と話した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る