© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201611/8

長岡秀星追悼展が開幕 48点の原画などを展示

一支国博物館の第32回特別企画展「追悼展・長岡秀星」が1日から同館1階テーマ展示室で始まった。27日まで。入場無料。
長岡は長崎市出身のイラストレーター・画家で、戦時中の1945年に父の故郷である壱岐に疎開し、小学2年から高校卒業までを過ごした。壱岐高校3年の時に小学館発行の「中学生の友」の挿絵に送稿し採用されるなど才能を発揮し、武蔵野美術大学に進学。その後、退学してコマーシャルアーティストとして独立した。
1970年に渡米し、73年にカーペンターズのLP「Now&Then」のレコードジャケットを手掛けたことで一躍有名になり、その後、アース・ウィンド・アンド・ファイアー、ディープ・パーブルなど数多くのレコードジャケット、ゼネラルモーターズなど自動車会社やNASAなど、幅広い分野で活躍。昨年6月23日に78歳で心筋梗塞のため死去した。
追悼展は、株式会社なかはらが所有する131点の原画から46点、壱岐の蔵酒造所有の「壱岐っ娘」ラベルデザイン画2点の計48点の原画と、レコードジャケットなど12点を展示。レコードジャケット、自動車のメカ、女性、砂漠、魚、宇宙の6コーナーに分けて、長岡の魅力を紹介している。壱岐での長岡の原画作品展は2004年、昨年の土木の日に続いて3回目。
同館の河合恭典学芸員は「生前から展覧会を開きたいと計画していたが、ようやく実現した。長岡秀星というとレコードシャケットが主に注目されているが、女性や魚など様々な分野でのイラスト・デザインや、壱岐の青い海から連想した青が基調の作品なども見てもらいたい」と話した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る