© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐産米でおもてなし こぎ出せミーティング

こぎ出せミーティング(米粒の違いを確認)

平成25年度壱岐地域こぎ出せミーティングの第1回会議が11月21日、壱岐振興局国分庁舎で行われ、壱岐振興局、市、JA、商工会、観光連盟、民宿協同組合、県料飲業衛生同業組合壱岐支部などから10人のメンバーが参加した。
こぎ出せミーティングは県地域振興課が取り組む地域発の地域づくり推進事業で、振興局単位で実施。年4回程度の会議を行い、そのうち1回は知事も参加を予定している。7振興局合わせて予算は約1300万円。今年度のテーマは「壱岐産米でおもてなし」とし、高温耐性が強く、食味が優秀な壱岐産つや姫、にこまるを観光客にPRし、国体開催時の「おもてなし」の方策を探ることになった。
会議ではまずつや姫、にこまる、コシヒカリの3種を、銘柄を隠して試食。背白米、基白米の高温障害で出た2等米のコシヒカリのややモッサリした食感、つや姫とにこまるは食味は似ているが粒の大きさが多少違う点など、味、食感の違いを体感した。
壱岐では最新の生育予測システムを導入し好適移植期、好適出穂期の推定を行って田植えをしていること、夏季は長崎市と比べて平均気温が2℃程度低いこと、つや姫は特別栽培米で化学由来窒素、化学合成農薬の使用を2分の1以下に抑えていることなどが壱岐振興局・舩場貢農林水産部長から紹介され、メンバーからは「壱岐の米がなぜうまいのか、お客さんにこのような説明をしていくことが必要」などの意見が出された。
今後は市内宿泊施設での壱岐産米使用比率の調査、PRするためののぼりの設置、店舗紹介・案内パンフの作成、ひと声運動の実施、案内者づくりなどに取り組んでいく。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る