© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20161/19

「甲子園優勝で壱岐に恩返しを」海星・小畑、土谷にインタビュー

今春の第88回選抜高校野球大会(3月20日~・甲子園球場)の出場32校が29日の選考委員会で決定する。一般選考の九州・沖縄地区の出場枠は4校で、秋季九州大会で準優勝を果たした海星(長崎市)の15年ぶり5度目の出場は確実な状況となっている。海星を支える壱岐コンビ、小畑翔大外野手(2年=主将、石田中出身)と土谷一志投手(2年、郷ノ浦中出身)に、甲子園へ賭ける思いを聞いた。
―2人揃って、甲子園のグラウンドに立つことが確実。いまの心境は。
小畑 甲子園出場は小さい頃からの夢だったのでもちろん嬉しいが、プレーできることに満足せず、勝ちに行く。最終的な目標は今夏の甲子園での優勝で、そのための糧となるような試合をしたい。
土谷 1年夏の甲子園でベンチ入りをしたが、登板の機会がなく悔しい思いをした。甲子園で投げるという喜びを感じ、春夏連覇を狙いたい。
―小畑さんはキャプテンに選ばれた。大所帯の海星は付属中学からの選手も多く、しかもスポーツ推薦ではなく一般入試で入学した小畑さんが、キャプテンに選出されるのは極めて異例だ。
小畑 夏大会の翌日に監督、コーチから呼ばれてキャプテンを任せると伝えられたが、自分から「キャプテンをやらせて欲しい」と言うつもりだった。夏は準優勝で、あと一歩で甲子園出場を逃して悔しかったので、自分がチームを引っ張って甲子園へ行くつもりだった。小学校、中学、そして離島甲子園の選抜チームでもキャプテンをやっていたので慣れているし、自分も成長できると思った。
―土谷さんは昨年3月に右ひじのじん帯断裂を発症し、夏大会はベンチを外れた。もう完治したのか。
土谷 手術はしなかったが、初めてのけがだったので、もう投げられないのでは、と不安にも思った。7月までノースローだったので、徹底的に下半身を鍛えた。投げ始めてからも痛みがあり、フォームもボールも思っていたようにはならなかった。いまも完璧ではないが、九州大会準決勝(鹿児島実戦)で1回途中からリリーフして最後まで投げ切ったことで、自信が戻った。
―小畑さんはキャプテンとしてだけでなく、3番打者として強打・海星の軸も任されている。中学時よりも大きくパワーアップして、長打も多くなった。
小畑 強打の海星、と言われるが、うちの基本は守りからリズムを作って攻撃に結びつけるのが信条。長打を狙うのではなく、バント、盗塁も絡めて、試合の中で活路を見出していく野球をしていきたい。3番は中軸だが、気負うことなく、後ろにつなぐバッティングを心掛けたい。九州大会の決勝(熊本・秀岳館に2‐13)では体格もパワーも違った。うちもさらにパワーアップはするが、それだけでは勝てないと感じた。
―土谷さんは現時点では先発・春田剛志投手(2年)の後を継ぐ役割か。
土谷 選抜では基本的にはリリーフになると思っている。いつでも行けるように準備しておくのが役割で、先発よりもアップの仕方、肩の作り方が難しい。それだけにやり甲斐もある。また甲子園を経験しているのはいまのメンバーでは服部(貫大外野手=2年)と2人だけなので、普段の力を発揮できるように、甲子園の独特な雰囲気などをみんなに伝えたい。
―お互いの存在は刺激になっているか。
小畑 土谷は1年の時から1軍で投げていて、常に前を進んでいた。僕は下の班から、いつも土谷に追いつこうと、自分の体を作り、監督・コーチにアピールしてきた。ここまで来られたのは土谷のおかげでもあるし、ゲームでも土谷がいつも抑えてくれる。本当に頼もしいヤツです。
土谷 離島甲子園の壱岐市選抜の時から、小畑がキャプテンだとチームの士気が高まるのを感じていた。下の班から這い上がってきた根性をみんなが知っているし、誰もが信頼し、認めている。一緒に甲子園で戦えるのは本当に頼もしい。
―壱岐出身の2人が甲子園で活躍してくれることは、島民にとっても大きな勇気をもらえる。
小畑 自分が出場していない時から、いつも壱岐のみんなが応援してくれていた。支えてくれた人たちへの恩返しを甲子園でしたい。離島甲子園のように、甲子園でもテッペンを取る!!
土谷 けがをした時も、壱岐の人たちからの応援で勇気をもらった。良くしてもらった分、喜んでもらえる結果でお返しをしたい。

秋季九州大会
準決勝リプレイ
▼鹿児島実戦 海星は1回表に先発・春田が4安打2四球で4失点する乱調。1回2死満塁から土谷がリリーフし、ピンチを無失点に切り抜けた。打線も4回に小畑の二塁打をきっかけに5点を挙げて逆転。土谷は9回までの8イニング3分の1を5安打1失点に抑え、6‐5の逆転勝ちで選抜甲子園出場を確実にした。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る