友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20161/15

ルーヴル銅版画展第2期がスタート

一支国博物館で開催中の特別企画展「ルーヴル美術館の銅版画展」は、13日から第2期が始まった。
ルーヴル美術館に約3百年前から受け継がれているカルコグラフィー室(銅版画の保管室)の約1万3千点の中から約30点を展示。「モナ・リザ」(レオナルド・ダ・ヴィンチ)、「レースを編む女」(ヨハネス・フェルメール)などは第1期に引き続き展示され、第2期は新たに17世紀に植物図鑑として制作されたボタニカル(植物)アートの版画作品を追加した。
また「イタリアの女」(アメデオ・モディリアーニ)から、7枚の作品が重なり合うカラー版画作品の出来上がるまでの過程などが紹介されている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/16

感染者3日連続ゼロ=市発表

市は16日、午後5時時点で新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性者56…

20211/15

15日も感染者ゼロ=市発表

市は15日、午後5時時点で新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性者56…

20211/14

14日の市内感染者はゼロ=14日市発表

市は14日、午後5時までに市内で新型コロナウイルス感染者はいなかったと発表した。 行政検査者数もゼロだった。 12月28日以降の市内感染…

20211/14

新たな感染は10歳代男子学生=14日県発表

県は14日、壱岐保健所管内で新型コロナウイルス感染者1人が判明したと発表した。 13日市発表の1人と同一人物と見られる。福岡県在住(感染確…

ページ上部へ戻る