© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201510/27

双六古墳石室内を見学 全国国分寺サミット開催

第10回全国国分寺サミット2015IN壱岐国分寺(壱岐市主催)が17、18日に一支国博物館などで開催され、「国分寺」という共通の史跡を持つ全国11自治体が参加した。
同サミットは、天平13年(741年)に国家の安寧を願う聖武天皇の詔(みこと)によって建立された全国66国と2島で構成する国分寺所在市町が一堂に会し、固有の文化遺産を活用した「まちづくり」について情報交換を行う場として平成12年に福岡県豊津町で第1回を開催。その後1~3年ごとに各地で開催し、今回が10回目。離島での開催は第6回(19年)の新潟県佐渡市以来2回目。本市の参加は第4回(17年、香川県国分寺町)、第9回(25年、岡山県津山市)に続いて3回目となった。
開会式で白川博一市長は「本市は国特別史跡の原の辻遺跡をはじめ国指定文化財10件など数多くの文化財を有している。今年4月に壱岐・対馬・五島地域が日本遺産第1号として“国境の島 壱岐・対馬~古代からの架け橋~”の認定を受け、これを機に壱岐の歴史文化を活かした交流人口の拡大と地域活性化を図っていく」と挨拶。
基調講演は元長崎国際大学大学院教授・立平進さんが「国境にある島につくられた国分寺の意義」と題し、国分寺を中心とした壱岐の歴史を解説。参加各市が地元の国分寺のお国自慢を行い、「我が街の国分寺の存在」と題したパネルディスカッションでは、それぞれの国分寺を活用した地域活性化策などについて討論。サミット共同宣言を唱えた。
18日は一般参加者も募って史跡見学ツアーが行われ、壱岐国分寺跡をはじめ双六古墳、カラカミ遺跡、勝本浦を探訪。双六古墳では普段は立ち入り禁止となっている石室内を特別に開放。全長11㍍、前室と玄室の2室構造になった横穴式石室の大きな石が積まれた状況や、石室壁面に描かれた船の線刻画などを見学した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る