© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/10

人命救助で3人を表彰 海転落の男性引き揚げる

市消防本部(安永雅博消防長)は7月17日、郷ノ浦町元居漁港で同12日に起きた水難事故で人命救助を行った同町の漁業、塚元昭茂さん(57)、塚元茂秀さん(62)、塚元隼人さん(34)の3人に感謝状を贈った。
12日午前4時過ぎ、同漁港岸壁付近を酔って歩いていた島外の50歳代男性が誤って海中に転落。出漁準備のため家の前で空模様をチェックしていた昭茂さんは「かなり酔って千鳥足で歩いている人がいたので、危ないなあ、と思いながらチラチラと見ていた。するとドボンと転落する音が聞こえたので、隣接する兄(茂秀さん)の家に声を掛けて、助けに行きました」。
男性は昭茂さんの漁船から3㍍程度の場所にうつぶせに浮いていたため、船を岸壁に着岸させるための長さ3㍍の鍵フックを男性の服に引っ掛け、岸壁のはしごまで引き寄せて、茂秀さん、隼人さんと協力して3人で引き揚げた。
男性はまだひどく酔った状態だったが、けがはなく、意識もあった。3人は救急車が到着するまで毛布で体を温めたり、コーヒーを入れるなど男性を気遣った。昭茂さんは「たまたま台風の影響を見ようと外に出ていた時なので男性に気がついた。家の中にいたら判らなかっただろう」、茂秀さんは「3年前に自転車で転落した人を救助したことがある。漁師をしているので、反射的に体が動いた」、隼人さんは「100㌔クラスのマグロを船に引き揚げているが、男性は自分ではしごを上る気力がなくて大変だった。命が助かって良かった」とそれぞれ話した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る