© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/14

社説 会議の非公開は逆効果

壱岐市観光連盟の総会は、マスコミに対して非公開で行われた。出席者に対して免許証での本人確認を通知するなど厳重なチェックが行われ、まるで大問題を起こした企業の株主総会のような様相で、滑稽にすら感じた。
民間企業なら公開、非公開は自由だが、それでも非公開にすると「何か隠している」と思われて企業イメージを損ねるため、総会を公開している企業は多い。ましてや市観光連盟は、市から年間6千万円もの業務委託、2千万円の補助金を受け、市職員2人が派遣、市嘱託職員の地域おこし協力隊3人が勤務。専務は市企画振興部長。実質的には市の外郭団体であり、公金が主収入である団体の総会が非公開では、市民は納得できない。
いくら入口でシャットアウトしても、狭い島の中から50人もの出席者がいれば、その内容は必ず漏れる。又聞きの不確かな情報が広がるよりも、正確な情報が複数のマスコミを通して流れた方が、どれだけ健全かは言うまでもない。外部からの無責任な誹謗中傷に嫌気がさす気持ちは判らないではないが、公金を扱うからにはたとえ雑音に対してでも丁寧な説明責任が求められるはずだ。
先日行われた第5回人口減少対策会議も、マスコミに非公開だった。「まだ決まっていないことが議題に上がっていたので、その部分を書かれると困る」との理由での非公開だった。決まっていないことを決めるのが会議であり、これでは市民はすべて決まってから、その結果しか知ることができなくなってしまう。
市は「議会に諮る前に表に出てしまうと困る」と非公開理由を説明することがあるが、これも理解できない。議員が会議内容をマスコミと同時に知りたければ傍聴すればいい。それが議員活動だ。
議会でも本会議ではなく、マスコミをシャットアウトした全員協議会で重要な事例について話し合われることがある。それでは本会議の意義が乏しくなるだけだ。
委員の一般公募までしている会議や市議会まで非公開にしていたら、住民の不信感は募るばかりだ。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る