スポーツ

田んぼででんぐり返し!! 霞翠小「どろリンピック」

霞翠小学校(豊島主博校長、94人)の恒例行事、第14回どろリンピックが5日、同校前の田んぼ(豊永百合夫さん所有)で、4~6年生53人が参加して行われた。
水田で泥まみれになって遊ぶことを通して、自然の大切さを学び、“霞翠っ子”としてたくましく育ち、稲作への関心を高めることが目的。あいにくの雨天と15度を切る寒さとなったが「子どもたちはこの日をとても楽しみにしていたので、健康面には十分に注意しながら行うことに決めました」と坂口隆教頭は子どもたちの熱意を尊重した。
田んぼに入った子どもたちに寒さなど関係なし。1種目目の「田んぼフラッグ」(ビーチフラッグの田んぼ版)では顔からダイビング、2種目目の「どろんこ障害物競走」では「でんぐり返し」で頭も顔もドロドロになる子どもが続出した。
もっとも泥だらけになって競技を楽しんだ児童に贈られる「どろんこ大将」は、池本海里さん(5年)と山石空亜さん(5年)の2人が選ばれた。池本さんは「大賞を狙って、思い切りでんぐり返しをしました。最初は寒かったけれど、泥の中は温かったです」、山石さんは「顔が泥だらけになったけれど、全然気にならなかった。口にも入ってしまったけれど、苦くありませんでした」と2人とも真っ黒な顔から白い歯を見せた。

どろリンピック(どろんこ大将となった池本さん(中央)と山石さん(右)) どろリンピック(障害物競走に熱中) どろリンピック(誰だか判別不明?) どろリンピック(泥の中を全力疾走) どろリンピック6

 

関連記事

  1. 1~3月期8・3%減 長崎県観光動向調査壱岐ブロック
  2. 田中咲蘭が4人抜きの区間4位 全国都道府県対抗女子駅伝
  3. 郵便局員に感謝状 詐欺を未然に防止
  4. 壱岐玄海酒造TCが11連覇。第30回壱岐・壱岐綱引大会
  5. 市中体連陸上競技男子写真
  6. 平成29年4月開校を計画 1学年40人の介護福祉士養成学校 学校…
  7. 1000個の宝で町おこし 壱岐の新たな魅力を発掘
  8. 2時間26分の死闘、勝本準優勝 玄界灘親善少年軟式野球大会

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP