© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

「世界と長崎の貿易品展」 博物館オープン収蔵展示

県埋蔵文化財センターのオープン収蔵庫(一支国博物館1階)が2日、展示替えした。
新たな展示は「世界と長崎の貿易品展」。江戸時代から明治初期を中心に中国、韓国、タイ、ベトナム、イギリス、オランダ、ドイツなどから海を渡って長崎に入ってきたもの、長崎から世界へ輸出するために作られたものなどを紹介している。
ひと際目を引くのが万才遺跡から発掘されたプリントウェア(銅版画の技術を使ってデザインされた陶器)の大皿。出島のオランダ商館員が個人貿易で輸入したもので、オーロレアという女神の名がつけられたバラの絵柄がプリントされている。
栄町遺跡などから発掘された長崎貿易銭「元豊通貨」は、江戸時代に鋳造された「寛永通貨」が幕府により海外への持ち出し禁止となったため、長崎奉行所が幕府の許可を受け貿易決済用に製造した銅銭で、鋳造にあたりモデルとした中国の北宋銭と並べて展示されている。
その他、長崎奉行所跡から発掘された18世紀のワインボトル、ジンボトル、フリューゲルグラス(翼状の飾りを脚部に持つグラス)の破片など、唯一幕府直轄で貿易を行っていた長崎ならではの遺物が多数展示されている。
10月4日まで、入場無料。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る