地域情報

壱岐の「 光 」を体験。フランス人アーティスト。

県のアーティスト・イン・アイランド事業でこのほど、フランス・パリ在住の女性映像アーティストのジュスティーヌ・エマールさん(31)が来島。2日間にわたり映像美を探求できる名所を回って写真・動画撮影やデッサンを行い、猿岩で市民15人が参加したワークショップの講師を務めた。

エマールさんは鬼の窟、双六古墳、小島神社、男岳神社など壱岐特有のスピリチュアルな観光名所を見学。筒城浜海水浴場ではサクラ貝などを採集するなど、壱岐の景色を存分に体験した。ワークショップでは市民に夕暮れから日没後の猿岩の写真撮影やデッサンをアドバイスした。

エマールさんは「どこの名所というよりも、島全体を包む独特の光に魅力を感じた。冬だからソフトな光だったが、今度は夏に来てその光の違いを感じてみたい。猿岩から見えるイカ釣り漁船の漁火が幻想的だった」と芸術家ならではの感覚で壱岐を語った。

県地域文化推進班は「エマールさんは定期的に日本で映像作品展を開いているので、近いうちに今回の体験を作品化してもらい、壱岐で作品展を開催したい」と話した。

関連記事

  1. 子牛平均価格71万円を突破 初百万円超えが7頭誕生
  2. 改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。
  3. 壱岐初のゲストハウスが開業 大川漁志・香菜さん夫婦
  4. ルーヴル銅版画展第2期がスタート
  5. ボート下條雄太郎選手が寄付 出身の壱岐高と勝本中野球部に
  6. 473人が還暦式出席。第二の人生をスタート。
  7. 9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。
  8. 病人搬送に4席分運賃徴収、九州郵船の改定に非難。市航路対策協議会…

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP