© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/13

総会に170人参加 東海壱岐の会

東海壱岐の会(永田強会長)の第25回総会が5月31日に名古屋市・中日パレスで開催され、会員や壱岐から中原康壽副市長、松尾明彦壱岐振興局長、吉田寛商工会長ら170人が参加した。
永田会長は「壱岐のために、できる限り力になれるように頑張っていきたい」と挨拶。同会から壱岐市の子どもたちへ10万円の目録贈呈が行われた。壱岐市からは市の現状とふるさと納税についての説明などが行われた。
総会後の懇親会は、関西壱岐の会から女性4人が友情出演し歌や踊りを披露。ゲストとして三橋美智一の歌と津軽三味線、幸川マキさんの演歌などの華やかなステージとなった。抽選会はじゃんけん勝ち抜き戦でサザエや壱岐焼酎が当たり、物産展のウニ、焼酎、アスパラなどは瞬く間に完売する盛況となった。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20205/25

プレミアムチケット完売。6月1日から第2回発売。

壱岐市の緊急経済対策第1、2弾が着々と進行している。 5千円で8千円分の飲食に利用できるプレミアム商品券第1回は、7日から5千セット(総額…

20205/25

県中総体も中止が決定。市大会は開催の方針。

県中学校体育連盟は18日、7月26~28日に予定していた県中学総合体育大会を中止することを決定した。 大会には例年、県内各地から3千人…

20205/25

幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。

初夏の壱岐の風物詩となっているホタルの乱舞が5月初旬から始まり、すでにピークを迎えつつある。 長崎地方気象台によると今年のホタル初見は…

20205/25

郷ノ浦祇園山笠が中止。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今年の郷ノ浦祇園山笠は中止となった。終日中止となったのは大雨災害が発生した2009年以来11年ぶり。…

ページ上部へ戻る