友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/13

総会に170人参加 東海壱岐の会

東海壱岐の会(永田強会長)の第25回総会が5月31日に名古屋市・中日パレスで開催され、会員や壱岐から中原康壽副市長、松尾明彦壱岐振興局長、吉田寛商工会長ら170人が参加した。
永田会長は「壱岐のために、できる限り力になれるように頑張っていきたい」と挨拶。同会から壱岐市の子どもたちへ10万円の目録贈呈が行われた。壱岐市からは市の現状とふるさと納税についての説明などが行われた。
総会後の懇親会は、関西壱岐の会から女性4人が友情出演し歌や踊りを披露。ゲストとして三橋美智一の歌と津軽三味線、幸川マキさんの演歌などの華やかなステージとなった。抽選会はじゃんけん勝ち抜き戦でサザエや壱岐焼酎が当たり、物産展のウニ、焼酎、アスパラなどは瞬く間に完売する盛況となった。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

20229/19

市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる

台風11号の強風で、郷ノ浦町平人触の市指定天然記念物「山川家のエノキ」が折れているのが見つかった。 所有者の男性が、6日朝に家周辺を見回っ…

20229/19

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。 朝市商店街の活性…

20229/12

庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説

一支国博物館の壱岐学講座が4日にあり、同館の河合恭典副館長が国津神社(郷ノ浦町渡良浦)で見つかった「かわらけ」(土師器)について話した。 …

ページ上部へ戻る