© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

盛大に市制10周年記念式典 17人・14団体を表彰

10周年(市長表彰の受賞者)

壱岐市市制施行10周年記念式典が1日、壱岐文化ホール大ホールで行われ、来賓の中村法道知事、谷川弥一衆院議員、金子原二郎参院議員、渡辺敏勝県議会議長、花岡洋文国交省国土政策局長らをはじめ、新市発足に携わった関係者など約500人が出席し、10年の節目を祝った。
式典で白川博一市長は「10周年を機に農水産物のブランド化や6次産業化の推進、離島航路運賃の低廉化など、新たな気持ちで取り組んでいく。壱岐市の未来を担う子どもたちのためにも、全力で市制運営を行っていく」とあいさつした。
県知事在任中に市町村合併を積極的に推進した金子議員は「合併していなかったら4町は財政破綻など厳しい状況に陥っていたかもしれない。議会の反対の中、現場に出向いて協議を行ったことが思い出される。10年は早いものだ」と平坦ではなかった合併までの道のりを懐かしんだ。中村知事は「壱岐市と連携をさらに深め、離島地域の活性化のために全力を尽くしたい」と語った。
10周年記念市長表彰は、地方自治、社会福祉などこの10年間の市の発展に功績のあった17人、14団体に白川市長から賞状が贈られた。アトラクションではうらふれ体操の披露、市歌「壱岐洋洋」の合唱が行われた。

10周年(式典であいさつする白川市長)
【表彰者】(敬称略)▽地方自治 長田徹、瀬戸口和幸、深見忠生、牧永護、市山繁、福田敏、長岡信一
▽社会福祉 山西實、田口チズ子、山石重光
▽保健・環境 壱岐島健康会議、壱岐市食生活改善推進員協議会
▽産業 白川永利、斉藤秀和、塚元富夫
▽交通安全・防犯 福田靖人
▽消防・防災 医療法人玄州会・光武内科循環器科病院、壱岐市消防団石田地区第2分団第3小隊、同芦辺地区第1分団、同芦辺地区第6分団
▽教育文化 川上京子、瀬川信幸、松永利孝、むぎ焼酎壱岐・遠山の金さん
▽優良団体 東京壱岐雪州会、東海壱岐の会、関西壱岐の会、福岡壱岐の会、壱岐・島おこし応援隊「チーム防人」、あおぞら隊、市民共有憩いスペース

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20195/17

盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。

少年軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県予選が3~5日、大村市野球場などで行われ、壱岐市代表として出場した…

20195/17

5G時代見越した政策を。

4月22日に東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で起こったNTT東日本の海底ケーブル断線事故は、全国ニュースで大きく報じられることはな…

20195/17

女子バスケットのトップチーム「三菱電機コアラーズ」が壱岐合宿。

バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)で2018~19シーズンの準優勝チーム「三菱電機コアラーズ」の選手10人、スタッフ8人が12日から…

20195/10

ゴルフ場恒例の一般開放。令和初日の出は観られず。

異例の10連休となった今年のゴールデンウィークは、前半は天気がぐずつき、4月30日の平成最後の夕陽、5月1日の令和の初日の出観望は雲に覆われ…

20195/10

令和の目標はSDGs。

令和の新時代を迎えた。様々な問題を抱える日本の今後にとって、新時代の幕開けは打開のきっかけづくりになる。 北海道夕張市が財政破綻し、財…

ページ上部へ戻る