© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

盛大に市制10周年記念式典 17人・14団体を表彰

10周年(市長表彰の受賞者)

壱岐市市制施行10周年記念式典が1日、壱岐文化ホール大ホールで行われ、来賓の中村法道知事、谷川弥一衆院議員、金子原二郎参院議員、渡辺敏勝県議会議長、花岡洋文国交省国土政策局長らをはじめ、新市発足に携わった関係者など約500人が出席し、10年の節目を祝った。
式典で白川博一市長は「10周年を機に農水産物のブランド化や6次産業化の推進、離島航路運賃の低廉化など、新たな気持ちで取り組んでいく。壱岐市の未来を担う子どもたちのためにも、全力で市制運営を行っていく」とあいさつした。
県知事在任中に市町村合併を積極的に推進した金子議員は「合併していなかったら4町は財政破綻など厳しい状況に陥っていたかもしれない。議会の反対の中、現場に出向いて協議を行ったことが思い出される。10年は早いものだ」と平坦ではなかった合併までの道のりを懐かしんだ。中村知事は「壱岐市と連携をさらに深め、離島地域の活性化のために全力を尽くしたい」と語った。
10周年記念市長表彰は、地方自治、社会福祉などこの10年間の市の発展に功績のあった17人、14団体に白川市長から賞状が贈られた。アトラクションではうらふれ体操の披露、市歌「壱岐洋洋」の合唱が行われた。

10周年(式典であいさつする白川市長)
【表彰者】(敬称略)▽地方自治 長田徹、瀬戸口和幸、深見忠生、牧永護、市山繁、福田敏、長岡信一
▽社会福祉 山西實、田口チズ子、山石重光
▽保健・環境 壱岐島健康会議、壱岐市食生活改善推進員協議会
▽産業 白川永利、斉藤秀和、塚元富夫
▽交通安全・防犯 福田靖人
▽消防・防災 医療法人玄州会・光武内科循環器科病院、壱岐市消防団石田地区第2分団第3小隊、同芦辺地区第1分団、同芦辺地区第6分団
▽教育文化 川上京子、瀬川信幸、松永利孝、むぎ焼酎壱岐・遠山の金さん
▽優良団体 東京壱岐雪州会、東海壱岐の会、関西壱岐の会、福岡壱岐の会、壱岐・島おこし応援隊「チーム防人」、あおぞら隊、市民共有憩いスペース

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/21

島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。

重家酒造(横山雄三社長)が有人国境離島法の雇用機会拡充事業を活用して石田町池田西触に建設した日本酒蔵「横山蔵」で14日、今年度の日本酒仕込み…

20189/21

どうなる壱岐空港滑走路。

壱岐市にとって近未来的な最大の問題は空路存続だ。ORCの後継機Q400型を支障なく運用するためには1500㍍滑走路が必要で、国、県に滑走路延…

20189/21

郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般質問

市議会定例会9月会議の一般質問が12、13日の2日間行われ、8議員が登壇した。鵜瀬和博議員は「図書館機能の充実について」のテーマで質問。老朽…

20189/14

「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式

市教育委員会が本年度から始めた小中学生向け離島留学制度「いきっこ留学生」を利用し、市内の小中学校に2学期から留学した児童・生徒5人の入市式が…

20189/14

被災者の言葉に感動。

6日早朝に北海道を襲った最大震度7の大地震は、道内に大きな被害をもたらした。地震そのものによる被害も40人以上の死者が出るなど大きなものとな…

ページ上部へ戻る